無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

第一回プログレ普及会‥無事終了!

c0009516_2281845.jpg
2007年12月15日(土曜日)プログレ普及会の「第一回決起総会(労組かっ?)」が、滞りなく終了した。(画像茶利さんくす♪)

プログレってぇのは、やはり未だによくわからい(笑)
たぶん、食べ物で言うと「えっ、これって何味っ??」という不思議な味だけど、なんとなく癖になって食べてしまうエッセンスを持った音楽ではないかと思ったりもする。

そんな「怖いもの観たさ‥」で参加してくださったオーディエンスも多数おられた。
そんな方々が「初めて聴いたけど感動した!」みたいなコメントをブログ等であげられているのを見ると「美味しいものは、やはり美味しい!」という部分が「通じる万民には通じる」のだなぁと思いつつ、少しでも喜んでもらったのは大変に有難い事であると感激した次第でござる。

私はピンクフロイドが大好きである。(つーか、それ以外はあまり知らんし‥)
プログレ普及会主催者である皇帝殿作のフライヤーに書かれたコメント「プロクレッシブロックという言葉はピンクフロイドのアルバム原子心母で初めて使われた言葉‥」という表記が顕す様に、「プログレ=ピンクフロイド」の図式は現在もなんとなく定番的に成り立っているのではござるが、後に排出されていった新進気鋭のプログレバンドから比べると、「大変緩いプログレバンド」と思われる現代でござる。

そんな意味もありぃの、当初の普及会セットリストの中でフロイドは前半部に組み込まれていた。(ありがたや!」)

しかし、諸般の事情で徐々に後半へ移動していった(汗)

がちょぉ~んっ!本番当日は「トリ」になってしまった(滝汗)

「クリムゾン」・「カンサス」・「ラッシュ」・「UK」‥超越技巧でござる。
中でも「ドリームシアター」は「君たち、素人?それずるいっ!」という超超超越技巧!!!

フロイドの手前でやった「四人囃子」は日本を代表するプログレバンドであり、聴いている内に眠くなるという「プログレにありがちな危険的要素(イエスを聞くと良く眠れる私‥)」を持たない非常に優れた楽曲であるから頑張れると確信はした!(一触触発は今回、何度も聴いたが、全く飽きない‥マジで!)


がっ、トリのフロイド‥。
ベースの「やさぁ~ん」なんかはフロイドは弾いている内に眠ってしまうという(笑)

優れた各バンドの演奏を聴いて焦っていた私はフロイドドラム担当の「さめちゃん」との会話の中から「演歌の心」を見出した!(さめちゃんとは演歌で通じ合っている‥笑)

そうだ‥激しく南極一号、いや、難曲の後はデザートで閉めるんだ‥

「お酒は温めの燗がいい‥ 肴は炙った烏賊でいい‥」

そんな気持ちで歌ったらオーディエンス様達のペンライトが左右に振れだした。
たまらなく、激しく嬉しい瞬間であった。

後に主催者皇帝殿にそのやうな話をすると「フロイドを最後にもってきたのは意味があるんです‥」とのコメント。

恐るべし皇帝殿!

ってな訳で次回の「プログレ普及会」には今回参加できなかった方々も是非御参戦くだされっ!

PS:参加された皆様も無論そうですが、主催者皇帝殿、黒子ろくまん殿に深く敬意を払わせていただきます!
[PR]
by manun | 2007-12-17 03:43 | 音楽