無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

たかじん

追伸。

吉野弘さんの死に言及しておきながらも、たかじんの死に触れられないのは‥

たかじんが死んだのがホンマに悲しすぎるからです。

悲しすぎるわ。マジで。なんでやねんっ!
あほんだらっ!何、勝手に死んでるねんっ!ボケッ!‥号泣!

H26年1月25日(土)の「そこまで言って委員会・追悼特別番組」で思いっきり泣いてやるから覚悟しろよっ!!

でも、ありがとなっ!(涙)
[PR]
by manun | 2014-01-21 23:01 | たわごと

追悼・吉野弘様

詩人・吉野弘さんが亡くなってしまった。
浜田省吾が大好きだった詩人であるとの事から興味を持ったのだが、平明な言葉で深い物思いに誘う言葉の達人だったと思う。
また来世で巡り会いたいと思う。


『 祝 婚 歌 』吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい

二人のうち どちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そしてなぜ 胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい




『 雪の日に 』吉野 弘

雪がはげしく ふりつづける
雪の白さを こらえながら

欺き(あざむき)やすい 雪の白さ
誰もが信じる 雪の白さ
信じられている雪は せつない

どこに 純白な心など あろう
どこに 汚れぬ雪など あろう
               
雪がはげしく ふりつづける
うわべの白さで 輝きながら
うわべの白さを こらえながら
雪は 汚れぬものとして
いつまでも白いものとして
空の高みに生まれたのだ
その悲しみを どうふらそう

雪はひとたび ふりはじめると
あとからあとから ふりつづく
雪の汚れを かくすため

純白を 花びらのように かさねていって
あとからあとから かさねていって
雪の汚れを かくすのだ

雪がはげしく ふりつづける
雪はおのれを どうしたら
欺かないで 生きられるだろう
それが もはや
みずからの手に負えなくなってしまったかのように
雪ははげしく ふりつづける

雪の上に 雪が
その上から 雪が
たとえようのない 重さで
音もなく かさなってゆく
かさねられてゆく
かさなってゆく かさねられてゆく
[PR]
by manun | 2014-01-21 08:17 | たわごと