無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

かまきり

先日の夜、自宅お仕事パソコンの前から離れてトイレに行こうと思った時、机横に置いてある黒いカバンに細長い緑色の物体を見かけた。
近視で裸眼だったので近づいて見るとカマキリだった。
「えっ!かっ、カマキリっ?」と思った数秒の間に人間は色んな事を考える。

・久しぶりに実物を見た
・窓は閉め切っているのにどこから入ったのだろう?
・昨夜、チャリンコで帰宅した際に飛びついて来たのか?
・突然、飛んで顔に貼り付いて来ないよな!
・とにかく処理せねば‥

そして今はもう、少年時代に虫取りに行っては「お〜っ!カマキリやんけ!」と素手で捕まえていた頃の自分では無い事に気づく(汗)

「直でつかまえるのは絶対無理やな‥」

軍手を取りに行きキャッチ&リリース。
でも、カマキリの首根っこを掴んだ時にカマを「カッ!」と軍手にかけられた時は「うわっ!」と鳥肌が立った(ハネが広がらへんかっただけマシやけど‥)

子供部屋に虫が出て「お父さんあれどっかにやってー!」と言われた時に何食わぬ顔で対処できるのは父の威厳を保つ為の迫真の演技だからだ(笑)

カナブンとかカブトとかクワガタとかイモリとかザリガニとかカエルも今は素手では無理だ。

まぁ、そんなん普通かも?思いつつ、なぜだか、なんだか、ちょっと寂しい気がせんでもない。
(幼少期の頃の「虫」に対する感覚って「仲間」みたいなもんやったんやろか‥)

でも、人前であれば平気な振りをする見栄張りでもある‥笑
[PR]
by manun | 2011-09-29 01:41 | たわごと

iphoneで漫画

二週間前だっただろうか久しぶりにR氏と飲みに行った。

酔っ払いながら雑談をして彼のiphoneを見るとタイガーマスクのコミックが閲覧できる状態であった。
「へっ、iphoneってこんなんみれるの?」と問うと「ネットには自由に閲覧出来る漫画が溢れていますよ!」との返事。

「ダウンローダーがあって‥」とか「iphoneのアプリはこれがオススメで‥」とかという話をうろ覚え状態で翌日、シラフに戻ってからネット検索して見た。

が、全く分からなかった(笑)

そーゆーキーワードで検索してみると「iphoneを脱獄して‥」という怪しい情報だ。
んで、昨日再びR氏と飲みに行って「こないだの漫画の話やけど、自分、脱獄してんの?」との問いに「そんなんしてますかいな!普通に使こてます!」との返事に安心した。

再び「あれってどんなアプリなん?」と聞くと彼は素直に教えてくれたが「必要最低限の情報で目的にたどり着けない人は説明すること事態が無駄です(笑)」と言い切ってくれた。
そんなパズルを解き明かす様な話に男は自尊心を擽られるのかもしれない。

で、今、「○ゆき全12巻」や「進○の巨人」を試しにダウンロードしてみて「なるほど、こういう世界があるのか!」と今更ながらに驚きつつも三菱がサイバー攻撃にあったりと、これからのネット社会の在り方がよく分からなくなる昨今でもあったりなんかするのである。
[PR]
by manun | 2011-09-21 02:28 | たわごと

オリエンタル即席カレー

先日、愛知からの帰り道「なんかおもろい土産はないやろか?」とサービスエリアに立ち寄った。
普段は何を見ても「う〜ん、上げ底価格!」と手ぶらで去るのだが、思わずそそられてしまったのが”オリエンタル即席カレー”だ!(マースカレーはチャツネ付き♪)
c0009516_213911100.jpg

もちろん頭の中には「オーリエンタル、マースカレー♪太陽の味、マースカレー♪」のメロディが鳴り響いていたし、小学校の頃の想い出が走馬燈の様に現れ‥いや、そこまで行かへんでも幼少の頃に食べて美味しかった「バーモントカレー」「オリエンタルマースカレー」「メタル印度カレー」「グリコワンタッチカレー」の内、バーモントカレー以外は京都から撤退してしまった「その原因!」を探りたいと思った次第なのだ。(メタル食品は2008年に倒産したらしい‥シクシク‥)

普段、カレーを作る際は玉ねぎを飴状になるまで炒めたり、圧力鍋で具材を溶かしたり、やたらと香辛料を追加してみたりするのだが、ここはやはり「おかんが作ったカレー」を目指す事にした。

熱したアルミ鍋にマーガリンを落とし牛肉を炒め、ざく切りにした玉ねぎニンジンを加え適当に炒め合わせる。あとは何にも入れたらアカン。
水を加え煮立ったらジャガイモを加える。
「ろ、ローレル入れ‥いかんっ!我慢だ!」

おかん方式の作り方はめっちゃスピーディーにカレーが出来上がる事を再発見した次第だ。

ルーを溶かしてちょいと味見。
スパイス追加は禁止でも醤油・酒・ウスターソースをほんの少し加えるのは良しとしよう♪

さて、そのお味は甘口の「超!優しい味」だ。
ややネトッとした食感が「小麦粉を炒めて手作りするカレールー」を彷彿させるのが嬉しい!
スパイシーでない分、食材の旨味がマイルドに引き立つ感じだ。私的には大好きな味だ!
我が家の女子高生二人は「まぁまぁ普通‥」の評価であったが同世代の嫁は大絶賛であった(笑)

昔から変わらない味だからこそオッサンやオバハンは懐かしくて美味しいのだが消費者の世代は変わり続けて行くし、そのニーズも変わって行く。

「変わってほしくないもの・変わらなければならないもの」は世界にあふれているけど淘汰されずにバランスをとり続けるって難しいんだなぁと思った次第でござる。

でも、お土産としてはかなりエエと思います!(1袋95g入り高速SA価格160円)

「京都でも販売してくれーっ!!」
[PR]
by manun | 2011-09-06 22:26 | たべもの

しょうゆもろみ(丸島醤油株式会社)

瓦そば談義を交わした宴席に同席していたN嬢より「こないだ小豆島行ってきたねん。おみやげ!」と貰ったのが”しょうゆもろみ”だ。(開封済み)
c0009516_21343225.jpg
”もろキュウ”の美味しい居酒屋が少ないのはキュウリの美味しさよりも”オイシイもろみ”を扱っている店が少ないのではないか?と思う次第であったりなんかする。

嫁のオカンが京都にやってきた際、京都のスーパーで買ってきた”もろみ”を食べて「京都の味は四国と違うね」と言っていたのが印象に残っている。

そんな事を思い出しながら冷や奴に、この”もろみ”を乗せて食べてみた。
「ふごっ!!うっうまっ!」と衝撃が走る。
変に甘くなく醤油の風味と旨味がバランス良く凝縮されている感じだ。

キュウリに付けて食べてもすこぶる美味いし、納豆に刻みネギだけをいれてこいつを入れて食べた日にゃぁ「これ以上の肴はいらんやろ!」と思えるくらい酒が進む。

「こいつはネット通販でストックせねば!」と調べたところ丸島醤油株式会社の商品ラインアップに掲載されていない(笑)
今のところどうすれば入手できるかは不明だが”もろみ”の入ったビニール袋の底が尽きるまでは幸せが続くと思われる。

久々の感動に感謝でござる!
[PR]
by manun | 2011-09-02 23:49 | たべもの