無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

WINに優しくMACに厳しいapple

朝起きて時折後悔するのは「しまった、昨夜、ブログを書いてしまった‥」って事。
実は酔っぱらってないと意見を書けない小心者である(笑)

酔っぱらってる深夜の自分ってね、結構、恐ろしい。
思いつきでブログを書いてみたり、わけのわからん作詞や作曲をしてみたり‥。

「夜中に書いたラブレターは必ず朝に見直すべし」という言葉はかなり「的を射ている」と思う。
ま、それはエエとして‥(お約束で既に酔ってます‥)

随分過去の話だが私は真っ白な四つボタンのipodを使用していた。(容量15GB)

が、ある日突然「びっくりマーク(エクスクラメーション・ポイントとも言うらしい‥)」が出て起動しなくなったので当時、一番新しかったipod(容量80GB)に買い替えた。
c0009516_0494519.jpg
アップルユーザーが新たにアップル製品を購入するのだ。
そらなぁ、普通、商売における通念上、そこには「おぉ、再びよくぞアップルへ‥♪」という優遇措置が有るとアップルユーザーが期待するのが当たり前やん。(スーパーのポイントカードもそうやん‥)

がっ、しかし、新たに購入したipodは今までアップルがMACとipodの標準的な接続方式として採用していた「FireWire(IEEE 1394)」という接続方式を廃止して「USB2.0意外に接続不可」な仕様になっていたのである。(WINに迎合やんけっ!!)

ま、世の流れか‥と、泣く泣くUSB2.0増設ボードを改めて購入するハメにあったりするのである。(しかも更にOSもアップグレードせな使えへんし‥涙)

当然の事ながら、この当時のWIN-XPユーザーはそんなストレスも無く、普通にi-podを使用できた。

そして月日は流れ、近年、友人より「なんでMAC使いやのにWIN-mobileなん?ハハハハ!」と嘲笑を受けながらも使い続けてきたスマートフォン(ウィルコムのZERO-3)に「うむ。使えんっ‥」と、限界を感じ、いわゆるアップル系「i-phone4」というアイテムに手を出してしまった。

「俺の使ってるMAC-OSも、まぁまぁ新しいし‥」と、全く不安はなかった。がっ、しかし‥

契約当時、ソフトバンクのお店で説明を受けているとき「MACの対応OSは10.5以上となります。よろしいですか?」とのコメントに何の確証もなく「はい!」と答えた。
が、お家に帰ってみるとうちのOSは10.4だった(笑)

「そうか、ならば10.5のOSを購入しよう‥」と思い、ネットで探してみると今の時代はスタンダードOSが10.6(数千円)であり、既に過去の10.5はオークションにてプレミア価格(数万円)で販売されていた。

「なんや、ほな10.6やな‥」と購入しようと説明をみると「10.6はインテルMAC以外に対応していません」との事。
うちのMACはインテルちゃうし、って事は、えーっと、うーん‥
で、新しいMACを購入した(爆)
c0009516_0585265.jpg

結局、アドビのアプリも買い直し、20万円近くの出費となった(笑)
ちなみにWINの「ビスタ」や「セブン」ではない、古くからの「XPユーザ」は一切こんなトラブルに見舞われる事もなく、現時点でも何の問題も無く、快適にアップル製品を使用する事が出来る(笑)

くやしい(笑)
なんだか「その組織」に入ったか入っていないかで優遇度合いが違いすぎるやん!と感じざるを得ない(爆)

ま、普通は「くそっ、アップルめっ!うまいこと商売しやがって!」と怒りが込み上げてくる筈なのだが、実は意外にそんなことはなかった。

i-phone4は感動するくらい快適なユーザーインターフェースだし、新しいMACも処理速度が早い分、スイスイと仕事が捗る。

その最新技術の便利さを知らなかったのは、それを手に入れていなかったユーザーの判断であり、それを知るシステムとして常にアップグレードを推奨していく商売も「有り」なのかとも思えた。

しかし、話は変わり‥

今年の7月に地上アナログ放送は終わる。
ギリギリまでアナログ受信機を使っていたユーザーは改めて購入したデジタルテレビを見て「えっ、こんなに奇麗に映るの?」と驚くかもしれない。
でも、それは発展途上国に新しい文化が参入する驚きに似ている様な気がする。

先日、ケーブルTVヒストリーチャンネルの「いま、ニッポンに昭和力」って特集でソニーの井深大を支えた草創の技術者のコメントを見た。
その中でソニーが初めて開発したトランジスタラジオを手にしながらリアルに今放送されている番組を流しながら「このラジオね、電池以外交換していないんですよ」と語っていた。

誇らしげだった。
未だに使える耐久性と、それを誇りに思う技術者の姿が素敵だな!と思った。

経済や産業が活発化しないとヤバイと思われる「今」であるのは確かやと思うけど、トレンドに流される風潮に大切な物が一緒に流されてはいけないと思う。

でも、どーしたらエエって事もわからへん(笑)

やっぱ、大事なんは「哲学」なんかなぁ‥。
[PR]
by manun | 2011-02-19 02:41 | 電気製品

あの素晴らしい阿呆をもう一度

数年前に同世代前後の主婦連合メンバーから「ツーリングクラブのロゴを作ってほしい」と言われた。
同世代だから四十半ば前後だ。
彼女たちは十代の頃、すんごくバイクに乗りたかったらしい。
が、肌もきめ細やかに水を弾いていたその当時は「女だてらに‥」とか「そんなんは不良のする事‥」といった風潮があった故なのか免許を取れなかったらしい。

結婚して子育てや受験も落ち着き「自分」を見つめ直す機会に触れて「バイクの免許を取るのは今が最後だ!」と思ったとの事だ。
取引先企業に対してはロゴ一点につき数百万円を請求する(嘘)私も、その様な真摯な姿に心を打たれ名古屋名物お土産「ひつまぶし茶漬け」と引き換えにその任務を遂行したかもしれない(笑)

何よりも「今、やらねば後に出来ない事は何か?」という彼女たちの意識に胸を打たれたからだ。


私が今更ジムニーを購入したのも「死ぬ前に本当に乗りたい車はどれ?」と自問したところの答えがそれだった訳であるから最新式のジムニーが家にあるのかもしれない。

最近は雪が多い故に、発作的ではあるが、ついつい、スタッドレスもアルミホイール付きで購入してしまった(笑)

私が二十代前半の頃は雪が降りそうな天候になると、とある一乗寺の喫茶店に雪好きな輩が自ずと集合し、「今日はエエ感じかもな♪」と、花背から広河原にむかって出撃した。
それはマカロニスパイクをトランクに積んだウインターラリー系であったり豪雪を突き進むジープ系であったりとジャンルは違えども「雪降る」というイベントを見逃すなという「共有できる楽しみ」による一体感が皆にあったのは間違いない事実であると実感している。

彼女とのデートをキャンセルしてでも参加していたかもしれない。
ある奴は「寒いの嫌い!」という彼女を助手席にのせて参加していたはずだ。

でもそんな時代から二十五年近くもたつと「エエ大人なんやし、阿呆なこともやってられへんわなぁ‥」という考えに支配されているのかのしれないという自分に気づいたりなんかもする。

もう一度「阿呆」な事をしてみたいと思っていた。
豪雪の山中でラーメンを食べるという「阿呆」な事だ(笑)

昨日、チラチラと空に雪が舞っていた。
昔、よく雪中行軍をした某食品業界の幹部になっている友人に「今日、雪中ラーメンでもどうや?」みたいなメールを送ると「夕方以降は大丈夫!」と返信があった。
大人のふりをして生きていても「やっぱ雪は好き」な感覚が同じである事が嬉しかった。

で、花背から貴船に抜ける誰も走っていないだろうと言う様な「とーんでもない」道に向かった(笑)
c0009516_0113848.jpg

で、途中から「これは四輪チェーンやないと進めないなぁ‥」と判断し、ラーメンを作った(笑)
c0009516_2221561.jpg

c0009516_2263610.jpg

チョイスしたカップラーメンは日新の「ラ王」だったのだが、トッピンングとして「生卵(温めます)」「もやし(湯通しします)」「ピリ辛メンマ」を投入し、食した。
ラーメンにうるさい友人も「おぉ、旨いなぁ‥♪」と感嘆してくれた。
それは雪中というシチュエーションが作り出す独自の雰囲気による効果が大きかったのだと思う。

で、その後、ジムニーの電送系トラブルに見舞われ早々に帰宅し、居酒屋で飲み直したのだが「いや、ほんま、今日は久々におもろかったなぁ!」と喜び合ったのは間違いないのである。

ここにあげている私のケースはホントにくだらないマニアックな話である。

が、しかしっ、ホントは何が言いたかったかというと誰でも「人生でやり残している事って無いですか?」って問われると「ん、ん〜、なんかあるかも‥」って話。

主婦連合のツーリングチームの様に「今以降を逃すとのちは出来ない‥」って事は結構あるはず。
そんな事を意識しながら生きていければ良いのにと思う今日この頃です。

生命は永遠であっても人生は限りがありますからね(笑)
[PR]
by manun | 2011-02-15 00:36 | たわごと

蕎麦な話その1

「うどんと蕎麦、どちらが好き?」と問われれば「蕎麦かな‥」と言う程度の「超!軽い」蕎麦好きである。

「京都で美味しい蕎麦屋は?」と問われると「えーっと、岩倉の太船やろ、ほんで岩倉の笹喜やろ、ほんで修学院のなんたらっていう店と親方のマンションの前にある蕎麦やと‥」と、自宅から店舗までの距離が蕎麦評価の物差になっていたりする「極めていい加減な蕎麦好き」であったりする。

ま、そんな「マジ、ラーメン至上主義」で「蕎麦はその次」の輩に「サントリー×暴れん坊将軍天下5麺1年分!」の第一回目の蕎麦が届いた。
c0009516_1343136.jpg
「国産蕎麦粉を十割使用した蕎麦」という表記に「ほぉ、さようでっか‥」と「似非京都人的」冷ややかな反応をしてしまった自身の態度はともかくとして、1袋200g入りが10袋もタダでもらえるのは「貧乏性な私」には、すこぶる嬉しい。

が、届いたパッケージ表記をよくよく読んでみると「そば粉以外、何も使用していない」というコメント内容の一部に「ぬなっ!!?」と驚いてしまった。

「蕎麦粉100%」というのは「小麦粉を全く使用していない」という意味以上に、小麦粉はおろか麺のコシを作るグルテンを大いに助ける「塩」を全く使わないという「普通はありえへん」という内容であった。

ま、言うは「やすし」行うは「きよし」である。

「ほんでどないやねん‥」と食してみると確かにホンマにメッチャ美味かった。
蕎麦本体はもとより、ゆで汁である「そば湯」が絶妙であった。(そら、「そばがき」みたいなもんやもんなぁ‥)

「これは美味い!ネット販売してるならリピーターになってみよう‥」と調べてみると、この200g入りの蕎麦は一袋609円もする高級蕎麦であった(笑)

そのアホみたいな高額さに驚きつつ、そんな蕎麦を無料で配布しているサントリーに感謝しつつ、気がつくと、その蕎麦は友人に配布する間もなく、あれよあれよと私の胃袋に費やされてしまった(笑)
それは寒い冬にピッタリの「せいろ蕎麦」的な食べ方だったのかもしれない。
次はこの旨さを共有しよう‥(笑)


●ついついハマった「せいろ蕎麦」的なレシピ
•まず、蕎麦をゆでる。
•別鍋で湯を沸かし「お茶パック袋」に鰹節や削り節、昆布などをいれてグツグツ煮出し、麺つゆで、ちょいと濃い目に味を整え「熱々の濃い出汁」を作る。
•お椀に「大量の刻みネギ」と生卵、わさびを入れて、上記の出汁を加え混ぜる。
•茹で上がった蕎麦を「釜揚げ」状態で、そのまま出汁につけて食す。
•残った出汁に「そば湯」を入れて飲み干す。

お試しあれ♪
[PR]
by manun | 2011-02-10 02:58 | たべもの