無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パエリアレシピは忍者式!

c0009516_141077.jpg先日、作った事のなかったパエリアを作ってみた。

作った事がなかったので、当然作り方がわからない。
ネットにてレシピを検索してみるとアホほど出てくる‥。
(「アホ」って「滅茶苦茶」を形容してるのかしらん‥?「アホほど早い!」「アホみたいにデカイ!」)

様々なレシピを散々吟味して悩んだ末、二つのレシピが選考された。

●シェフ監修式レシピ
「パエリア、今までうまくできなかったけど、初めて美味しくできましたー♪」と絶賛されているどこやらのシェフ監修のレシピ。

●本場スペイン忍者式レシピ
スペイン留学時代にスペイン人の友達のおかーちゃんからレシピを伝授してもらった忍者氏の「パエジャ」レシピ。

あたしゃ悩んだ。

シェフ監修式レシピは「エビはオリーブオイル&ガーリックで予め炒めておき‥」とか「アサリは白ワインで酒蒸しした汁をコンソメスープに溶かし入れ‥」等の「如何にも美味いですぜ!」の雰囲気バリバリだ!

一方、忍者氏のレシピは化学調味料系を一切使わず、鶏・豚・エビを事前に煮たスープを使うという素材の旨味を生かす様なレシピ♪

勿論、同時に双方のレシピを作る事はできないので、制作日時を変え、一回目はシェフ監修レシピ、二回目は忍者氏レシピを試してみました。

はい、ズバリ結論を申し上げます。

パクッと一口食べた瞬間にわかりました。
スペインのおかーちゃん直伝、忍者流レシピ「パエジャ」の方が圧倒的絶対的に美味しかったです!!!

ま、作った本人が「これ美味い!」と思う事も勿論大事ですが、食された方が「また作って欲しい!」とリピート要請することによって「このレシピは優れている!」という証しになると思うのでござる。
どっかの料理店に行って食って「ま、そこそこ旨かったな!」と思っても、そこの店に「もう一度行きたい!」と思えないと二度と行かない。
リピートがあってこそ世の中の商売は成り立つわけでございます。
レシピも然りでございます。

忍者式パエリアレシピ詳細←クリック

↑ちなみにこのレシピのポイントは、あまねくあふれるパエリアレシピに必須項目として書かれている「コンソメの素を使う」という部分を敢えて、食材でブイヨンを作成するというところだと思います。
レシピ中、下ごしらえ部の「エビと鶏肉、豚肉を水で煮て出汁を取り」の水の量は私的解釈にて、米を三合使うので180cc×3=540ccのお湯で煮ました。

一回目は米を洗い、ざるに空けて乾燥させました。
二回目は米を洗わずダイレクトに投入。
結果的には米を洗わない方がパサッとして美味しいです。

実のところ一番難しいポイントは米を炒め、ブイヨンを加え、強火で沸騰させた後、どれくらいの火加減でどれくらいの時間煮るか‥という部分だと思います。

あたしゃガスレンジ+アルミ鍋で米を炊くのが好きなので「よっしゃ!このへんや!」という勘がなんとなくありますが、そんなところを悩みながら作るのも料理の楽しさだと思います。

こんな素晴らしいレシピを惜しげもなく世に公開している忍者氏に敬意を払います。
是非是非、お試しあれ♪
で、ございます!
[PR]
by manun | 2008-06-23 02:14 | たべもの