無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

12月23日はノスタルクリスマスライヴ

c0009516_02738.jpg
えーっと、12月26日は雄琴温泉旅館「ことゆう」のオープン日です!

しまった!この仕事に追われているばかりに‥orz(クリックしてね!きゃぁ~♪)


もとい!、12月23日午後七時より(日曜日です・翌は祭日だ!)は京都市左京区宝ヶ池、地下鉄国際会館駅から歩いてすぐ、いや、五分くらいのとこにあるホンキートンクという老舗ライブバーで「ノスタルジックスクリスマスライブ」がございます!
(詳細は画像をクリックしてね!)


通常はチャージ500円也ですが、クリスマスライブは「時価500円のシュトーレン」といふ、伝統的なクリスマスケーキをお土産にお渡しいたしますのでチャラです(笑)

[23日は暇やし!」という方はご来場ください!
「予定あるし!」という方は予定を優先してください(笑)

上手なバンドが星の数ほどあるご時勢、ノスタルジックスは決して上手なバンドではございません。
が、楽しいバンドが少ない世の中、ノスタルジックスは「楽しい部類」に入れるバンドであると確信しております!

興味のある方は是非とも♪
[PR]
by manun | 2007-12-21 00:39 | 音楽

第一回プログレ普及会‥無事終了!

c0009516_2281845.jpg
2007年12月15日(土曜日)プログレ普及会の「第一回決起総会(労組かっ?)」が、滞りなく終了した。(画像茶利さんくす♪)

プログレってぇのは、やはり未だによくわからい(笑)
たぶん、食べ物で言うと「えっ、これって何味っ??」という不思議な味だけど、なんとなく癖になって食べてしまうエッセンスを持った音楽ではないかと思ったりもする。

そんな「怖いもの観たさ‥」で参加してくださったオーディエンスも多数おられた。
そんな方々が「初めて聴いたけど感動した!」みたいなコメントをブログ等であげられているのを見ると「美味しいものは、やはり美味しい!」という部分が「通じる万民には通じる」のだなぁと思いつつ、少しでも喜んでもらったのは大変に有難い事であると感激した次第でござる。

私はピンクフロイドが大好きである。(つーか、それ以外はあまり知らんし‥)
プログレ普及会主催者である皇帝殿作のフライヤーに書かれたコメント「プロクレッシブロックという言葉はピンクフロイドのアルバム原子心母で初めて使われた言葉‥」という表記が顕す様に、「プログレ=ピンクフロイド」の図式は現在もなんとなく定番的に成り立っているのではござるが、後に排出されていった新進気鋭のプログレバンドから比べると、「大変緩いプログレバンド」と思われる現代でござる。

そんな意味もありぃの、当初の普及会セットリストの中でフロイドは前半部に組み込まれていた。(ありがたや!」)

しかし、諸般の事情で徐々に後半へ移動していった(汗)

がちょぉ~んっ!本番当日は「トリ」になってしまった(滝汗)

「クリムゾン」・「カンサス」・「ラッシュ」・「UK」‥超越技巧でござる。
中でも「ドリームシアター」は「君たち、素人?それずるいっ!」という超超超越技巧!!!

フロイドの手前でやった「四人囃子」は日本を代表するプログレバンドであり、聴いている内に眠くなるという「プログレにありがちな危険的要素(イエスを聞くと良く眠れる私‥)」を持たない非常に優れた楽曲であるから頑張れると確信はした!(一触触発は今回、何度も聴いたが、全く飽きない‥マジで!)


がっ、トリのフロイド‥。
ベースの「やさぁ~ん」なんかはフロイドは弾いている内に眠ってしまうという(笑)

優れた各バンドの演奏を聴いて焦っていた私はフロイドドラム担当の「さめちゃん」との会話の中から「演歌の心」を見出した!(さめちゃんとは演歌で通じ合っている‥笑)

そうだ‥激しく南極一号、いや、難曲の後はデザートで閉めるんだ‥

「お酒は温めの燗がいい‥ 肴は炙った烏賊でいい‥」

そんな気持ちで歌ったらオーディエンス様達のペンライトが左右に振れだした。
たまらなく、激しく嬉しい瞬間であった。

後に主催者皇帝殿にそのやうな話をすると「フロイドを最後にもってきたのは意味があるんです‥」とのコメント。

恐るべし皇帝殿!

ってな訳で次回の「プログレ普及会」には今回参加できなかった方々も是非御参戦くだされっ!

PS:参加された皆様も無論そうですが、主催者皇帝殿、黒子ろくまん殿に深く敬意を払わせていただきます!
[PR]
by manun | 2007-12-17 03:43 | 音楽

しまった!号泣‥「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

c0009516_2259424.jpgなんとなく「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を録画してしまった。
「これ観たかった!」という映画以外はHDレコーダーに取り残され、蓄積されてしまう(笑)


蓄積された作品を処理するのも録画した私の勤めだ。

今日は珍しく早朝より仕事を始め(と行っても所詮は午前七時‥)自動的に午後九時くらいから睡魔に襲われる。

今日は眠いので観てる途中で寝てしまえそうな映画として「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を選んだ。

がっ、しかし、観るに連れ、目が冴えてしまった。
「ええっ、これってティムバートン監督かっ?」という風合いで面白い!(監督はカーク・ジョーンズでした)

あたしゃ「泣かせてやろう!」とか「感動させてやろう!」という意気込みが過剰に感じられる作品は逆に冷めて観てしまう、超一般的な人です。

がっ、しかし、終盤は泣いてしまった。
泣いた挙げ句、エンドロール直前に、再度号泣してしまった(爆)

この映画で泣くのはホントはオカシイと思う。
だってイギリス的コメディタッチで楽しくファンタジーな映画やしっ!

だからホントは絶対泣けない映画だと思います。

うーん、「愛」に飢えているのかしらんっ??
とりあえず、お奨めの作品です♪
[PR]
by manun | 2007-12-12 23:29 | 映画

善き人のためのソナタ

c0009516_227788.jpgいや、ほんま、最近映画を観る時間が少ない。
と、言いながらも映画館へ足を運ぶ事もある(笑)

「自虐の詩」‥は、泣けた(号泣)
「転々」‥は、笑えた(はっはっは!)

「転々」を観たあとに四条烏丸で某緑氏に出会ったのは、もっと笑えたけど‥(爆)


が、期待を見事に外してくれる作品もある(笑)
ケーブルTVランダム撮り溜めの中でも下記作品はイマイチだった‥

「ソウ3」‥「ソウ4」の見る気を無くした(笑)
「空手バカ一代(千葉主演)」‥途中で早送りしてしまった(笑)


色々なんとなく見ていても、なかなか「印象に残る映画」というのは少ない。
しかし、強烈にインパクトや感動があると、この様に午前三時を回っていてもブログに投稿してしまう(笑)

とりあえず「善き人のためのソナタ」‥これは良かった!

だいたい私が録画する映画を選ぶ基準は、すこぶるいい加減だ!(爆)

●まず、タイトルに惹かれるか‥(曲名やポスター、日記も「タイトル」が大事ですね‥)
●次に内容紹介の文言に惹かれるか?‥(興味ないとクローズ!)

で、この映画は‥

「ベルリンの壁崩壊直前、反体制の疑いのある劇作家と同棲相手の監視を命じられる国家保安省局員が深く愛し合う彼らの世界に次第に共鳴していく。そして‥」てな内容。

いや、そうでんねん!
評論・評価・批評・判断なんて、まったく勉強不足でやられた日にゃぁ「おめーっ!ちったぁ、べんきょーせぇやぁっ!」と言いたくなるし、逆に内情を深く知りすぎると「本来求められている判断」が出来なくなってしまう‥という「義理と人情を秤にかけりゃぁ‥」みたいな部分に興味をそそられた訳でござんす。


で、ネタばれになると面白くないんで何も言いませんが、二時間半以上ある、この映画、観てて飽きません!


しかも、エンディングに本屋店員と局員が話す一言ずつの会話(合算すると二言やな)に「んーっ、素晴らしい着地点!映画って、これですよねっ♪」との感動を覚えました。

年末年始はそろそろ‥
「暇やし観るか‥」の映画候補に是非とも挙げてくださいましぃ。

面白くなかっても責任は取りません(爆)
[PR]
by manun | 2007-12-08 03:18 | 映画

INFOBAR2 四年ぶりに機種交換

c0009516_2561611.jpg四年ぶりに携帯を変えた。
以前使用していたのはINFOBARの初期モデル(ビルディングというタイプ)
四年も使えばバッテリーなんか経たりまくっていて、数回会話をすれば乾電池チャージャーで充電しないと使えないという状況だった。

その間、何度も携帯を買い換えようと思ったのであるが、他の携帯に「そそられる!」という物がなかった‥。

ホントはデザインなんてどうでも良くって質実剛健「使い勝手至上主義!」を貫いている筈の自分ななんだが、稀に「あ、これイイなぁ‥♪」と思ってしまうと、使い勝手よりも見た目を優先してしまう(笑)
その基準は自身も全然よく分かっていない(爆)

でも外観的に「イイなぁ‥」と思えるものは実用性に等しい価値を与えてくれてるんだなぁと思う。

でも、そんな外観に囚われてau-WINの快適さを知らずに来てしまったのは、ある意味損したという気持ちもある(ずーっとCDMA1だったし‥笑)


やはり世に与えられている価値というのは均等なのかもと思った次第でござる。
[PR]
by manun | 2007-12-03 03:06 | たわごと