無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

PCキーボードを洗ってみた

c0009516_0453671.jpg当方、自宅でMACの前に座り仕事をしている以上、パソコンのキーボードにタッチしている時間は結構長い。
毎日毎日触られてる「K・I・U・D・S・A」のキーは指先で磨かれ、元のザラついた表面から鏡面に変わるので美しいのだが、それ以外のキーは手垢であるとかタバコのヤニが付着して大変汚い。如何せんMACのキーは真っ白なので汚れが大変目立つ‥orz

他人様が触る訳でもないし、まぁエエか‥と思いつつも精神衛生上気持ち悪い。(何日も風呂に入っていない気分だ‥)

そこで今日は一発奮起してキーボードを洗う事にした。
ホントは新品のキーボードが屋根裏にあるのだが汚れてるで捨てるほどの根性はない(貧乏性!)

洗うと言っても洗濯機や食洗器に入れてしまうと後で困るというのはなんとなくわかるので手洗いにした。


■私流レシピ
1.キー配列をデジカメで撮影
これを怠ると「あ、しまった‥」という事態に陥る(笑)
撮影した画像はPCデスクトップ上に置いてワンクリックで見られる様にしておく。

2.ひとつひとつのキーを外す
基本的にはキーを両サイドからつまみ上げ引っ張ると取れるのだが私は小さなドライバーを併用し、テコの原理で抜く。

3.抜いたキーを洗う
洗面器にジャラジャラとキーを投げ込み、ぬるま湯を浸し、洗濯石鹸を適量入れて混ぜ、しばらく置いておく。

4.キーの抜かれたボードの清掃
キーを抜いた後のボードは埃だらけなのでエアダスターで吹き飛ばす。後にエタノールを浸した布で汚れをまんべんなく拭き取る。キーの刺さる穴に汚れがある場合は綿棒で綺麗にする。

5.抜いたキーをすすぐ
ボードを綺麗にしているうちにキーについた汚れはすっかり落ちている筈だ!
汚れた洗浄液を捨て、米をとぐ様に何度かぬるま湯ですすぐ。


6.キーのタオル乾燥
よく水切りをしたキーを一つずつ洗面器の上で振り、凹面にたまっている水気を切り、タオルの上に乗せて適当なロットを並べていく。上からもう一枚タオルを乗せ、サンドイッチ状態にして押さえつつ、もみつつ、一気に拭いてしまう。

7.キーの扇風機乾燥
軽くタオル拭きしたキーを凹面を上にして床にならべ、扇風機の風を強にして当てる。
扇風機の手前からならべ後になるほど遠くへ置いていく。

8.キーの再配置
タオル乾燥と扇風機乾燥を繰り返し、全てのキーが扇風機前に並んだらいよいよ再配置だ!
実はこれが一番楽しい♪
タダでパズルを楽しむ感覚なのである!

マウスのみをUSB端子に差し込み先ほど撮影したキー配列の画像を開く。
ボード本体を差し込むと差し込んでいるキーの文字がダダダと表示されたりするのでやめた方が良い(笑)

扇風機手前のキーをひとつかみしてボード手前に並べ、ひとつ拾い上げ、文字を読む。

「ん?Uか‥どっ、どこかな‥?」と配列画面を見ながら差し込んでいく。
このキーは後回しだ!というやりかたよりも、ここから何番目の穴だ!と探して埋めていく方が指標となって後々楽だ!
こうやって楽しみながら揃えて行くと完成後には「やった!」という妙な達成感がある。
しかも数時間前の汚れたキーボードではなく、風呂上がりのネーチャンの美しさがある(意味不明)


■あとがき
綺麗になったキーを見ると「N・M・U」のキーだけ部分的にプラスチックが削げている。
「なんでやろ‥?」とキーを叩いてみると右手人差し指の爪の先が当たる部分だ。
(私の右手は人差し指だけ爪が出ている)
雨水が何年もかかって岩に穴を開けるのと同じだなぁ‥と思いつつ‥


「マウス綺麗にするのん忘れてた‥」と気付く今夜であった‥(完)
[PR]
by manun | 2007-07-03 00:47 | たわごと