無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

指定バトン【京都弁】

実は年上だったまんきちのところへロジャバリン様から「指定バトン」なるものが回ってきた。
その人に応じて【】の中の言葉を指定するバトンらしい。
私に託された言葉は【京都弁】!
いやぁ、うち、そないに雅どすかぁ‥♪(←あほぅ!)

はっきり言おう!
私は京都生まれの京都育ちだが、京都をあまり知らない。
他府県から友人が来てもどこが観光名所かわかってない。
しかも殆ど行った事もない(一緒に廻って一緒に感動してるなぁ)‥orz
「京都人だけが知っている」という本を買って読んで「へー、そうなんや‥」と驚いてるわたしである。
「竜馬がゆく」を読んで「幕末は三条京阪から北は森だったんだ‥」と中京区以外は京都に非ずな事を今更知る人である。
京都は海に隣接していないから豆腐や野菜を「美味しく作り・美味しく食べる」という技術が寺院の精進料理をベースに他府県よりも発達した事も先月仕事の絡みで知ったばかりだ。
そんなわたしに京都弁。
やってみましょう


●最近思う【京都弁】
自然に京都弁で話す人って今、70~80くらいのおばあちゃんおじいちゃんくらいとちゃうかなー。
ちっちゃい時に「オトンとかオカンは余所の人と喋る時、なんであんな話し方すんにゃろ?」と不思議でしたねぇ。京都弁って対外的に話す時に使う言葉なのかなぁと思ってました。
大人になったらあんな喋り方せなあかんのかぁ‥と思っていましたが‥ただの関西弁おやじになりました。
しかも子供は関東弁も混じってる‥。
英文学の向山淳子さんが「言語は毎日進化してる。本当は各個たるルールは存在せず、みんながおおむね従っている”傾向”があるだけ‥」とか言ってはったなぁ。
そんな風に京都弁も変わっていってるのかなぁと感じます。



●この【京都弁】には感動!!!!
やっぱ、「にぬき」と「かしわ」かな(笑)
ちょっと大きくなってから、京都のみで通用する言葉と知った時には驚きました。
「おまく」もあるか‥。「おまん」はやばいか‥。(やばない、やばない‥)


●直感的【京都弁】
「京都を演出するための言葉」かな?


●好きな【京都弁】
ノーマルやけど「どす」かな。
「です」ではキツイときに便利どす。
語尾に「なぁ〜」と付けると更に良い。
ん。どっかのオヤジも使ってたな。(緑色)


●こんな【京都弁】は嫌だ
近年、先斗町の床に呼ばれるようになって知りました。
「京都の舞妓さんはほぼ他府県の方々」だと。
仕方のない事情やし、がんばって京都弁を使おうとされる姿も健気やし文句はないのですが‥。
でも相撲の横綱は日本人になって欲しい‥みたいな心境ですね。


●この世に【京都弁】がなかったら
大阪弁があるさ!(笑)
でも、びみょーに違うもんね。
同じ関西弁でも京都の方が柔らかいというのは、びみょーに大事なので、ないと困るかなぁ(笑)


最近になってやっと「京都って奥が深い‥」と思える様になりました。(遅っ!)
こんな感じどすな♪
[PR]
by manun | 2006-04-28 01:12 | たわごと

ALWAYS三丁目の夕日♪

c0009516_454193.jpg
久々に映画を観に行った。「ALWAYS三丁目の夕日」です。

ビッグコミックオリジナルに掲載されていた(いるなのか?最近読んでないのら‥)漫画であり、懐古趣味にふけるには最適な漫画であった。
映画化されたのは何となく知っていたのだが、どちらかと言えば”ほのぼの”とした漫画であり、「なんで映画化なんやろう?」という印象しかなかった。
しかし、「これは絶対観なければならないっ!」と思ったのはナイスガイ・センベー氏のミクシィ日記を読んだからである(笑)
どうも号泣ものらしい。兎年前後世代には堪らないらしい。
京都(及び滋賀県)で上映されている内に観に行けば良いものを「この映画を観る為の条件」を自ら勝手に定めてしまい、条件が満たされない内に京滋での上映は終わってしまった‥orz

まっ‥レンタルで借りたらエエか‥と思っていると大都会大阪梅田で再びやっているではないかっ!
と、いふ訳で拝観条件も満たしつつ、早朝より梅田に望んだ訳である。

で、どうだったかと言うと‥ううっ、泣けるのだっ!

わざと泣かす様に仕向けていないのが逆に宜しいっ♪
お友達と一緒だったから「こりゃ、ヤバイ!」というシーンになるとスクリーンから目をそらす始末だっ。
私の前にいた50歳くらいのおっちゃんは後半からメガネを外してはハンカチを取り出しの繰り返しだった。
映画が終わり、出ようかなぁと思ったら、付き添いのお友達は「エンドロールが終わるまで‥」と仰った。
さっさと席を離れる人もあまりおらん。乾かしタイムなんだろう。

うちの長女は泣き虫だ。
「なんでそんな事くらいで泣くかなぁ‥」と呆れる事が多々ある。
しかし、自分の幼少時代を振り返ってみると、くだらない事でよく泣いていた。
自分のオヤジやおふくろがなんで泣かないのか不思議だった。

大人になるに連れて「こんな事くらいで泣いたらあかん‥」と堪えるクセがつくのかと思う。
そして泣かない大人になるのかもしれない。

この映画を観て泣いてしまうのは堪えなくても良かった時の琴線に触れるシーンが多いからかもしれないと思った。
或いは便利な世の中に慣れてしまった私達は、不便な時代を”アイテム”ではなく”気持ち”で補い合っていたのだなぁと再認識させられるからかもしれない。

と、言う訳でレンタルが開始された日にゃぁ、40代〜50代の方々は是非とも観てちょんまげ♪
オススメの映画です♪

ちなみにビッグコミックオリジナルで、私が絵を見ただけでも号泣してしまったのは「どんぐりの家」です。これはアカンわ。タイトル聞いただけでも泣いてしまうわ(笑)
[PR]
by manun | 2006-04-15 04:54 | 映画

ハートリップ・ライブあるぞっ♪

c0009516_20205814.jpg

中学一年生になった時、洋楽を聞くキッカケを与えてくれたのはBCRでした。
そこからQUEENに走り、「洋楽かっこえぇ〜♪」と思っていた私にとって「同じ2,500円払うなら邦楽LPより洋楽LPの方が得だっ!」と思ってしまうのは仕方のない事でした。
しっ、しかしっ、唯一邦楽でLPを買ってしまうアーチストがおったんですわ。
その名は「チューリッヒ‥」ちゃうちゃう、「チューリップ」♪

思い起こせばAMラジオから流れてきた「娘が嫁ぐ朝」と「風のメロディー」を録音してしまったのが中毒のきっかけ。
よく比較される「オフコース」の方が絶対上手でカッコエエと思うのですが、「チューリップ」のあの、なんと言うかバタ臭いクセのある雰囲気が病みつきラーメンの様なエエ味を出しているのではないかと思う次第でございます。

しかしながら私はチューリップが歌えない‥(咲いたぢゃないよ‥)
いくら大好きだからと言ってカラオケ等でチューリップを歌うと「”もしもシリーズ‥”もしも浜田省吾がチューリップを歌ったら‥?」になってしまい、原曲のイメージが著しく損なわれるのでござる。(号泣) 

だが、同じバンド内(ノスタルジックス)に在籍するジャッキー氏の声質は絶妙だ!
しかも大学時代にチューリップのコピーバンドを組んでおり、当時のライブ音源を財津氏DJラジオ番組に投稿したら、ラジオから流れて、しかも財津氏から誉められたという強者だ!
邦楽禁止のノスタルジックスバンドにおけるスタジオリハの際も曲と曲の合間にさりげなくチューリップを歌ったり、スタジオRAGの床を剥がして球根を植えたり(須田社長ごめんね!)の熱の入れようである。

そんなジャッキー氏がチューリップ好きの達人ミュージシャンとスクラムを組んで結成したバンドが「ハートリップ(Heartrip)」である。
ホームページを見て「意気込みが違う!」と思ったのだっ♪
このアーチストが好きで好きでというメンバーが集まったバンドのエネルギーは凄いものがあると思う。
ストーンズ好きのベテランミュージシャンが集まって出来た「ブライアンランチ」の凄さを知る私としては「ハートリップ」にとても期待するのさっ♪

てな訳で、「実はわたし、チューリップが好きでした‥」という方は是非是非、「ハートリップ・ファーストライブ」にお越しくだされ。

日時は下記の通りだよんっ♪

2006.4.23.Sunday
AM11:30-OPEN PM12:00-START

場所:北山MOJOWest(075-706-8869)
チャージ1,500円(1ドリンク付き・中学以下無料)


■追伸■
「チューリップ、あんまり知らんねんっ‥」といふ方、ご安心くだされ。
ジョイントライブとしてハートリップ開演前に「和太鼓美女軍団CORON(心音)」のライブも同時開催!
こちらだけ見て帰っても値打ちありです(嘘よ、ジャッキー(笑)

アナログLP-Take offを流しながら書きました(涙♪)
[PR]
by manun | 2006-04-10 20:27 | 音楽

ヒカル小町Di

c0009516_23731100.jpg
写真を撮る時、内蔵フラッシュを焚くというのはあまり好きくない。
なんでかっちゅーと、やはり世の中のお天道様は天空にあり、蛍光灯は天井にあるから、真っ正面から光りが当たる”影の付き方”は、なんとなく不自然と思うからでしょう。
たとえば裏面の白いチラシに鉛筆で丸を描いて、どの部分に「にゅにゅにゅーっ」と影を描くかによって、ただの丸は表情がガラリと変わるかの如く「影」の付き方というのは見た目の印象を結構変えてしまうと思うのだわさ。
c0009516_2374648.jpg
だからと言ってプロカメラマンさんが持っている傘の様な真上から当てるフラッシュや「ギュイーン」と音を立てて充電する機材を購入するのも素人な私にとっては”猫に小判”な訳であり、「自然はイイなぁ♪」と、自然光撮影に勤しむしか仕方なかったのである。(露出計も高いしぃ‥)
c0009516_2375770.jpg
そんな事を思いつつ、昨年末、五年選手で頑張ってくれたソニーDSC-F505Vの解像度に限界を感じ、オリンパスのSP-500UZを購入。三万円台の安いカメラなのにマニュアル撮影が出来るというのが大変気に入った。ふとメニューを見ると機能設定の中にフラッシュの項目があり「スレーブフラッシュ」という選択肢が目に付いた。
「なんじゃ?この失礼なネーミングは?」(全く無恥、いや、無知な私‥)この時、世の中にスレーブフラッシュというものが存在するのを初めて知ったのである。
c0009516_2381050.jpg
スレーブフラッシュとは内蔵フラッシュの発光を感知し、「あぁっ‥」と自分も発光してしまう健気なフラッシュだ。勿論、カメラ好きの友達に「お前そんな事もしらんかったんけ?」と馬鹿にされたのは内緒だ。早速、ネットで”スレーブフラッシュ”を検索してみたところ「ヒカル小町Di」という怪しいフラッシュを発見した。
ガイドナンバー13相当で普通のコンパクトカメラ&充電電池にも対応しており価格も数千円。「使い物にならん‥」という場合の諦めもつきやすい(笑)
c0009516_2382293.jpg
但し「あぁっ‥」と光ってしまう健気な性格を悪用してはならない。(そんなサイトがあった)
車の運転席に設置し、オービスの赤外線フラッシュに対して発光・露出オーバーさせて検挙を逃れるというものだ。警察をなめてはいけない。検挙されてる人がいます。やめましょう。
c0009516_2383489.jpg
購入した「ヒカル小町Di」二台をいろんな位置で発光させてみる。光の当たる角度で様々な写り方をする。なかなか楽しい♪しかしながら光量を微妙に調節できないのが難点だ。
c0009516_2384978.jpg
先日、食べ物撮影をする機会があったので早速使ってみた。
プロカメラマンのケンちゃんが「光源をやや後から当て、前に影が出来る様な感じで撮ると食い物は美味しそうな顔になるんだぜ!」と言ってたので試してみた。
c0009516_239336.jpg
撮影時間は大抵、夕方前の空腹時だ。
美味しそうだ。ずるずる‥。
料理は空腹状態で作るほうが美味しく出来上がるという話を聞いた事があるのに通じる。ずるずる‥。
家に帰ってこの画像の色補正をする頃は空腹の限界だ‥。
我慢できずに家を飛び出し、近所の王将で「宝ヶ池定食」を食べるのは、なかなか虚しいものである(笑)
[PR]
by manun | 2006-04-04 03:05 | 電気製品