無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Shade

c0009516_18531924.jpg一昨年だったか、我が家を購入した際、お世話になった不動産より「建築パース描けまへん?」と聞かれた。
「いやぁ‥絵は下手なもんで‥」と言いつつ、(ほな、何が上手いねん!と、自分に突っ込みつつ‥)逃れようとすると「なんや最近はそんなソフトも出てるんちゃいますのん?」と言われ、”そうか!自分が描かなくてもコンピューターが描いてくれるんや!”と勘違いをし(何年この仕事しとんねん!)「考えてみますわ‥」と返事をしてしまった。

3Dソフトには興味があった。
実際、上得意様より「3Dで描いてくれ」という要望もあった。
「3Dソフトは操作が難しく、ソフト自体も高いので‥」と触りもせず、調べもせず、言い訳をするのもこの辺で終わりにしようと決意も固まった。

十年ほど前に”すとらたすたじおぷろ”とか言う3Dソフトを後輩から頂戴し、「電話帳ですか?」と尋ねたくなる様な分厚いマニュアルを見ながらフロッピーディスクを何十枚もインストールし、立ち上げた瞬間に”爆弾マーク”が出たトラウマも、そろそろ薄れてきている。

「どんなソフトが主流なのかなぁ‥?」とネットで調べてみると”Shade”とやらが良さそうな感じ。
アニメーション機能を除いたバージョンなら9,800円だ!
(すとらたは50万円くらいしてたハズ‥安ぅなりましたなぁ‥)

早速ネットで購入し、立ち上げてみる。
画面を見ながら「んー、キャドと同じやん‥はははは‥♪」

キャドなんて触った事ないっちゅーねん!

全くオペレーションの異なるソフトに戸惑いながらも、「とりあえず、見えるとこだけ作ったらエエわ‥」と制作開始。

「ここに窓の穴を空けてと‥。げっ‥!」
‥空が丸見え!
やっぱり後の壁や屋根がいるんだと、作ると部屋の中が暗い‥。
中に電灯を灯すと屋根裏が丸見え‥。
天井を作ると‥等々の作業は増えるばかりなり。

なんだかんだと三日間くらいかけて一枚の外観図が完成。
「んーっ。コスト全然あわへん‥」と悟りました。

c0009516_20475024.jpg
プロの人が作るとこんな感じまで表現できるみたいです。
どーんな頭してんでしょーね。凄すぎっ!

でも、結構重宝しています。
今まで粘土で作っていた「何これ?」と言われるグニャグニャのサンプルに替わりイメージが伝わりやすくなりました。

一本の線も真っ直ぐに引けない、この私が御飯を食べられるのもパソコン&ソフトウェアのお陰と感謝しておりますだよ。

あ、でも買ってくださるお客様に一番感謝や!
おーきに、おーきに♪
[PR]
by manun | 2005-07-19 21:10 | たわごと

貧困旅行記 つげ義春

c0009516_1122322.jpgいつもお世話になってるY氏から「これ、読んでみ‥おもろいで‥」と、渡された”貧困旅行記”。
つげ義春と言われ、真っ先に思い出したのが”ねじ式”。

リアルタイムにガロを立ち読みしていたY氏が受けた衝撃とは異なりますが、なんかのマンガで特集が組まれてた際に読んだ”ねじ式”は当時は意味が解らなくとも、プレグレマンガな感じで、未だに印象深いものでした。

思わず、つげ義春のマンガかな?と思いパラパラとめくると小説でした。

「あんまり文章うまくないけどなぁ‥それなりに面白いし‥」と言われつつ、ちょっと空いた時間に読み出すとすっかりハマってしまいました。

ハマってしまったどころか、三分の一ほど読んだ挙げ句には近くにあるブックオフに自転車で走り、「つげ義春‥」と探しまくり、見つからないのでアマゾンにて「ねじ式」・「無能の人日々の戯れ」・「リアリズムの宿」を購入。

ちょこっと空いた時間に、小説・マンガを交互に読んでいる日々です。

なんだかんだと様々な経験を積んでしまった現時点に於いて”つげマンガ”は心に染み入ります。
”無能の人”の中にある”散歩の日々”の結末ページは「あっ‥」と泣きそうになりました。
人間って生きている過程に於いて「自分の存在価値ってなんだろう‥?」と思う時があると思います。
決して、下を見て安心するの様な安直な考えではなく、もっともっと深い哲学をジーンと感じる次第です。

人間って何なんでしょうね?
難しいなぁ‥。
[PR]
by manun | 2005-07-15 01:51 |

ヘアースタイル

c0009516_014553.jpg「しまった!BOOWYのCD車の中やん!」
私の車は遠くの駐車場。嫁の車は私の足下。
家を出るからには何か他の理由も欲しい。
「あ、タバコないわ。焼酎もないし、コンビニ行こっと!」

最近、近くにリカーマウンテンが出来てからタバコも焼酎もここで御用達。
だって、タバコ1カートン買うと”粗塩”とか”酢”がもらえるんだよん♪
コンビニで買うとライターが付いてくるけど、売れるほど溜まってしまう‥。

久しぶりに近くのコンビニに行くと見慣れないおねーちゃんが床を掃除してる。
「前のおねーちゃん、結構、愛想良くて、かわいかったのになぁ‥」などと思いながら焼酎を手に取りレジへ‥。

「すいません。(あやまらんでよろしい!)それとキャスターマイルドを1カートン!」
「ライターお付けしますか?」
「んー、んっ‥。いいですわ‥。」

と、ふと名札を見ると見慣れた名前!
えっ、あのカワイイおねーちゃんがチョンチョンのショートカット!

「かっ、髪、切らはったんですか‥?」
「えっ、はいっ!夏仕様ですっ!」と嬉しそう。

はははは‥と引きつり笑顔でコンビニを去りつつ、「前の髪型の方が絶対カワイイしっ!」と思いながら帰宅しました。

すごーく良く知ってる人だと、どんなヘアースタイルで外見のイメージが変わっても”こういう人”というのが焼き付いているから余り影響ないけど、なんとなく知ってる人の場合、外見のイメージが変わると人格まで変わった様な気がするんだなぁと改めて思いましたわ。

因みに私は年中夏仕様です♪(トラックバックで振ってみようかしらん‥ふふ)
[PR]
by manun | 2005-07-10 00:38 | たわごと

冷めん

c0009516_23585599.jpg先日、B姫様より”プチプチシートアルミ蒸着加工製トートバック”(要は保冷バック)をひょいと渡され、「あげるよん♪」と言われた。

「なっ、なんっすか?」と聞くと「冷めん♪」

話によると実家の近所にある食品会社で”夏期のみ作る冷めん”らしい。
結構、美味しいらしい‥。

美味しい、嬉しい、珍しい♪の三拍子が揃ったところで自宅に帰り、「今夜は冷めんです!」と宣言し冷蔵庫を開けると、‥肉類一切なし‥。

「諸般の事情により、レタスと胡瓜と卵のみになりますが、宜しいでしょうか?」と改めて聞くと「あ、ハム別になくてもいいし‥」との事。

あほんだら、お前らが良くても、おとーさんは肉類が欲しい‥と、思いつつ、冷凍庫に犬用鶏笹身ミンチがあるのを思い出し、チーン♪して、醤油と酢と胡麻油入れて冷ましていると背後に獣の気配が‥。c0009516_0491780.jpg「おぉ、君、なんか瞳が燃えてるねっ!でも、これは元々人間様用に販売されていたもんなんだぜ!」と言い訳をしつつ、野菜を刻み、麺を投入!

「通常、この太さの生麺やったら二分から二分半やな‥」と思いつつ、その頃に一本取り出して咬んでみると、「えっ!まだまだやん!」
結局、五分くらい茹でて流水でザブザブと洗い、私と長女二玉、嫁と次女一玉にて配分。
我が家の冷麺は具材を大鉢に盛りつけ、各々が好きなだけ取るトッピング方式。
”レモン風味”と書かれた半透明なタレをかけて、いざ食べ食べ!

一口食べて「うっ、美味い!しかも、なんだか‥とても懐かしい味‥」
c0009516_15145.jpg甘すぎず、辛すぎず、はたまた酸っぱすぎず!のレモン風味タレは「どぉわぁぁっ!」という強烈なインパクトこそなけれども、さらさらと麺を口に運ぶ美味しさでした。
通常、○清の冷麺とか○城の冷麺とか○眠の冷麺等、スーパーで売っている冷麺を半分くらい残してしまう次女がペロリと食べてしまったところからも、その食べ易さがうかがえます。
また、麺は時間経過と共にふやけてしまう他メーカーのモノとは異なり、最後まで適度なコシを保っていた様な気がしました。
それ故の茹で時間五分かえ?などと思いました。

ネットで調べてみると、このメーカーは小麦粉系食材(お好み焼き・たこ焼き)を主とするメーカーで”製麺”は、この冷麺のみこだわって作っているみたいでした。
と、いうか冷麺に特化された冷麺なのかなぁと思いました。

恐るべし、北九州♪
いつの日かラーメン巡りをするぞと誓いつつ、B嬢、美味しい”冷めん”をありがとう!
[PR]
by manun | 2005-07-07 01:23 | たべもの

アマトリチャーナ(がおがお亭)

c0009516_13554840.jpg先日、仲間内宴会の折り、「がおがお亭」のシュフである”がおがお様(本名:Gaorin)”より一つの瓶詰めをば渡された。
「なっ、なんぞっ?」と問うと「アマトリチャーナっす♪」との事。

隠れシェフS@MO氏も”食”に関しては一目を置く”がおがお様”である。
シェフを越えるシュフである。水を弾く肌である(ホンマ?)

翌日、早速食してみようと乾物棚を開けたらパスタ不在。(がぁぁぁん)
「どぉしてなっのぉ〜、今日に限ってぇー♪/byユーミン」

パスタソースと言えども侮り難し。
作品であるからには、がおがお哲学の瓶詰めに等しいと思う。
私なら桃屋の”五目寿司のたね”の瓶に詰めるところだが、HEDIARDの瓶詰めだ。
どこに行けば買えるにょん?の世界だ!

「デュラムセモリナ粉100%で生麺を打つべきだ!」とか「パルメザンチーズブロックを購入するまで待つべきだ!」という邪念を払拭し(はい、言い訳です‥)本日、試食に至りました。

はっきり言いましょう。

(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~
(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~(T_T)b~
めちゃ‥うまっ♪
レベル違いすぎぃ‥

完成して写真を撮る際、娘たち(日曜参観で本日お休み)が「うわーっ、パスタや!食べさせて!」と絶叫。

私:「お前ら飯食ったんやろ!」
娘:「試食でええし!一口でええし!」

で、ぱくりと一口食べて「うわぁーっ、めちゃくちゃ美味しい!レストランより美味しい!」(レストランは食べものではありません)と、ハイエナの様に両サイドから食べられてしまいました。

「お前ら、一口とちごたんかい!」と言うと「今まで食べたパスタの中で一番美味しかったんやもん‥」との事。

「ホンマにスーパーのベーコンなん?」「ホールトマトはどこのん?」「オリーブオイルの銘柄は‥?」等々考えつつ、やっぱり料理はセンスなんやなぁとしみじみ感じました。

自作ルーのチキンカレーをHEDIARD瓶に詰めてお返ししようかと思っていましたが、食べれば食べるほど、失礼にあたると思い、この瓶は頂戴致しますっ♪

レシピ公開してちょーっ♪(ポイントもねっ♪)


+++++■ 追 記 ■+++++
がおがお亭シュフからレシピが公開されました。がおがお様、ありがとーっ♪

【材料】
・スパゲティ
・ベーコン(薄切り)100〜120g
 (これでは少ないように思うので、私は150g使用)
・にんにく 2かけ
・トマトの水煮缶詰1缶(400g)
・赤とうがらし(タネを取って薄い輪切り)
・白ワイン 1/4カップ
・塩 小さじ1
・オリーブ油 1/3カップ
・パルメザン.チーズ適量

【作り方】
1)鍋にオリーブ油とみじん切りにしたにんにくを入れて火にかけ、にんにくのまわりが薄茶色になるまで炒めます。(思ったより時間がかかります)

2)ベーコンはあらかじめ5ミリ幅に細く切っておく。次に、細く切ったベーコンを入れ、脂が出てベーコンが縮むくらいまで炒めます。この脂がソースの風味になりますので、今度もあせらず気長に炒めてください。

3)脂がほとんど出たら、白ワインを加えて軽く沸騰させ、トマトの水煮を手で握りつぶしながら(笑)加えます。(ただし、飛びはねにご用心)

4)赤とうがらしと塩を加え、始めは中火で、沸騰したら弱火でソースがとろっとするまで煮ます。(トマトのかたまりがあれば木べらでつぶします)

5)これで出来上がりです。おろしたパルメザンチーズをふって、どうぞ(^_^)


・ポイントは、にんにくを焦がさないように色づくまで炒めるのと、ベーコンを炒めるところでしょう。

・それと、白ワインは、きちんとした安物でもいいですから飲めるワイン(辛口)を使ってくださいまっせ(^_^)v byかおりん


「くっ、食いてぇ!」と思われた方は是非、お試しあれぃ♪
[PR]
by manun | 2005-07-04 14:56 | たべもの