無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

檀流クッキング

c0009516_22182374.jpgノスタルジックス先輩であるY氏のお家へ伺うと、平日であろうが何であろうが必ず帰宅時間が夜中の三時・四時になってしまう。
Y氏が引っ張る訳でもなく、私が居座る訳でもない。
原因は偏に”お料理談義”でござる。
バンドの話や音楽の話は、すぐに尽きてしまうのだが、事、食べ物の”何々をこれこれしたら旨い!”とか”ここの何々は旨い”という話になると、あっという間に酒は底を尽き、空瓶や空き缶が並んでしまい、五時間ぐらい話し込んでしまうのである。
(奥様がマメに作って下さる肴が旨いのも原因かも‥)
先日も「ちょっとDVD貸してくれへん?」と言われ「ほな、持って行きます。」と玄関で手渡しの予定が「ちょっと上がって行くか?」「へぇ、ほな、ちょっとだけ‥」と言いつつ、ベーコンの作り方で盛り上がり、日本酒と芋焼酎とJINROが空き瓶になった始末でござる。

ノスタルジック内に於いては”不逞の輩”的な私とY氏(勝手に括るなっ!って?)であるが、実は読書交換等の文化交流も盛んなのである。

で、冒頭に掲げた画像に示す文庫本、「檀流クッキング」でござる。
Y氏はこれを見せ、「ちょっと読んでみ!どや、すごいやろ!でも、この本は我が家の家宝やし貸せへん。と、言うか持って損のない本やし、買いなさい!」と言われたのでござる。

なんせ1975年初版の本であるだけに、売ってないかもしれないと言われ、たとえ売ってなくても古本屋を漁ってでも手に入れなければ後悔するぞっ!と言われつつ、アマゾンで”檀流クッキング”と検索したら一発で出てきて一安心。

とにかく、レシピ風エッセイという感じで、非常に楽しい本でござる!
巷に様々なレシピが存在する昨今に於いては少々古めかしい内容かもしれないが、当時としては、かなり画期的な料理本だったんだろうなぁと思う。
料理って理屈や細かい事よりも、ポイントを押さえておけば大雑把でも結構美味しく作れるんだと実感した次第でござるよ!

先日は”鶏の手羽先料理”に挑戦!旨かった!
次は”トンコツ”(鹿児島風豚の角煮)に挑戦してみようと思う。
[PR]
by manun | 2005-03-31 23:16 |

米国豚しゃぶしゃぶ

c0009516_2256516.jpg昨夜、ニッショーストアーに”やわらかブレンドコーヒー”を買いに行った際、「自然育成しゃぶしゃぶ用豚肉米国産3パック980円」を見て「鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ」を想いだし、衝動的に買い物かごへ3パック入れてしまいました。
「明日はしゃぶしゃぶ、明日はしゃぶしゃぶ‥」とつぶやきながらブログにUPした画像を思いだし、食材を買いそろえ「柚子こしょう」を探すと‥無い(T_T)
「なくてもいいか‥」なんて妥協はできまへん。
豚肉自体が貧素な場合、”柚子こしょうで誤魔化す!”というのが大切なポイントだと本能が叫ぶのです。
”胡麻だれ”とか”ポン酢”等の濃いタレならば豚バラのスライスでもエエけど、薄味のそば出汁につけて食べる豚さんはグラム辺りの表面積の都合上、しゃぶしゃぶ用ぢゃないとイカンと心が叫ぶのでございました。
で、ライフへ直行!S&B柚子こしょうGET!

美味しかったっすよぉ〜♪
さっぱりとした味なので、ついつい結構な量を食べてしまうのが難点でございます。

参考までにレシピを載せておきまふ♪

■材料■
・しゃぶしゃぶ用豚肉(鹿児島産黒豚なら尚良し)
・ほうれん草
・えのき
・にんじん
・分葱
・とうふ
・タケノコ
・そば(生麺だと尚良し)

■薬味■
・柚子こしょう
・刻みネギ

■つけ出汁■
・適量な水に昆布を浸しておく。(1時間くらい)
・火にかけて沸騰寸前に花鰹を大量に入れる。
・弱火で三分煮る。
・濾す。
・薄口醤油でやや濃いめの味つけをし、甘みを足す為に鹿児島醤油を入れる。
(ちょっと塩辛いで、このうどん出汁!という加減)

■食べ方■
・鍋にお湯を沸かす。
・沸騰したら、豚さんをぐぐらせ、柚子こしょうと刻みネギを”これでもかっ!”と言うくらい入れた、つけ出汁に浸して、しばらくは豚さんを食す。
・鍋に豚の出汁が出てきた加減を見て野菜を入れ、交互に食べる。あ、同時でもいい!
・食材が尽きたらそばを入れて食べる。

■発見点■
・ほうれん草の茎の部分はアクが強いので、予め茹でておくか別の食材に使いましょう。(そういえばお店で食べた時は葉が主体でした。)
・タケノコは水煮を使いましたが安物はやめましょう。(美味しくないよぉ)
・”和そば”は茹で麺でも結構いけました!

是非、お試しあれ♪
[PR]
by manun | 2005-03-29 23:50 | たべもの

紅華のカレーラーメン

c0009516_233636.jpg
「旨いカレーラーメンを出す店がないなぁ‥」とぼやきつつ、「カレーうどんの有名な店は沢山あるのに、なんでやねん!」と突っ込みたい昨今。
特別にカレーラーメンが好きっ!と、いう訳ではないのですが、販売している店が少ないだけに飲食店に入った時、メニューに”カレーラーメン”が載っているとチェックしてしまいます。

でもね、店の雰囲気からしてラーメンにレトルトのカレーをかけた様な物を出しそうなところは遠慮してしまいます。(私の中で、それは‥超反則技!)

二年ほど前、夜中の二時くらいに北区大宮の商店街を「お腹減ったしなんか食べようか?」と美しい友達と共に見つけたのが”中華料理紅華”でした。
入ってメニューを見ると”カレーラーメン”の文字が‥。
そのお友達もカレーラーメンが大好きで「ここのラーメンあっさり醤油系ぽいし、もしかしたら‥本格的なカレーラーメンが出てくるかもしれへんで!」と興奮気味。
「よっしゃ!ルーのかかった奴でも食べれん事はないし、チャレンジしようぜ!」と注文して出てきたのが上記画像のカレーラーメンでございました。

お味は言うまでもありません。超激的に旨い!
割とスッキリとした鶏ガラ系醤油ベースのスープに、香り高いカレースパイス風味が十分に効いている半透明のカレースープは、下手なカレー専門店よりも味がしっかり、バッチリ!
ややトロミのあるカレースープが上手に絡まる中細麺はカレー風味を最大限に生かすかの如く、クセなくマッチしており絶妙!
「なぜ、もやしとワカメが入っているねん?」と疑問を抱きつつ食すトッピング(具材)は、まるで計算されたかの如く、心地よい食感と風味を奏でだし、「そうか、そうか、うんうん‥」と妙に納得してしまい、その存在が少なくなるに連れて寂しい想いすら感じさせます。
辛さのレベルからいうと市販のカレールー”辛口”に近いものがありますが、汗をかきつつもハフハフと完食してしまう事、間違いなし!
「御馳走さま!」と店舗を出た時、店先の黄色のぼりに”カレーラーメン”と大きく書かれているのを見て「なんや主力商品なんやん!」と思わず納得!

と、ここまで書くと上げ過ぎやなぁ。「まぁ、普通に美味しいカレーラーメンです」と落としておきましょう。

でもね、”思い出すと食べたくなる中毒”にかかっている人を数人知ってます。

北区玄井通大宮の交差点を50mほど上がった西側にありますぜ。(木曜休み)
お試しあれ♪
[PR]
by manun | 2005-03-17 03:26 | たべもの

ホール&オーツ

c0009516_2358827.jpg
昨夜、ホワイトデーな夜、バンド系お友達軍団(お姉様三体+おっさん四匹)とホール&オーツのコンサートに行ってまいりました。

高校時代、お金のない輩はFMレコパル・週間FM・FMfan等の雑誌を買い、番組表に蛍光ペンでラインを入れてはタイマーをセットし、”FMエアチェック”(懐かしい)と呼ばれる横文字(縦文字にすると”ラヂヲの録音”)に勤しんだものでございます。

気に入った曲が見つかるとアーチスト名、アルバム名を調べて豚の貯金箱を金槌で割り(←演出)、LPレコードを購入しに行く手筈でございました。

ガソリンスタンドでバイトして稼いだお金は大半が交際費(飲み代・バイク遊び代)に消費され、LP代に割り当てられた額は少なかった故、購入するLPも厳選されてました。

左様な中、何気に録音されたホール&オーツの「アレイ・カッツ」と「イッツ・ア・ラーフ」は対局的でありながらも衝撃的で、冒頭を飾る画像、”赤い断層”のLPを即購入しちまった次第でございました。

後、”ホール&オーツ”はイケルの安心感から二枚ほどアルバムを購入したのですが、ディスコで”プライベートアイズ”が鳴っているのを聞いて、なんとなく遠ざかってしまいました。

で、月日は流れ、昨年末辺りに「ホール&オーツのコンサートあるけど行かへんけ?」と、”とある令嬢”よりお誘いを受け、反射的に「行くっ!」と昨夜に至った訳でございます。

”とある令嬢”はコネクションを生かし、極めて前列なチケットをGETしつつ、異国のサイト及び既に終了した他方面でのライブ情報を入手し、「試験に出るダリリン」といふCD音源を作成され、配布されたわけでございます。(的中率99%!凄い!)

令嬢の努力もさることながら、昨夜のダリリンライブは最高♪でした!
近年では”ローリングストーンズ”及び”イーグルス”を超えるライブでありました。
(因みにトップラインキングは1979年京都会館のヴァンヘイレン♪)
偉大なるトップアーチストなのに”観客を想う”気持ちがジンジンと伝わってくるライブでした。
良い意味で全力投球であり、丁寧であり、謙虚であるような‥。
(観客の”How Sweet It Is!”の一言に応えるところなんかメッチャ素敵やで!)
ライブに於けるエンターテイメント性というのはある意味、アーチストの姿勢みたいな要素が大きいと学びましたわ。

う〜ん。良かった。
非常に良かった!

終電の時間も忘れて盛り上がった打ち上げもよかった♪
「☆ライブがはねたら♪(^0^)/ 」の原点を垣間見る想いでした。
[PR]
by manun | 2005-03-15 23:59 | 音楽

天井桟敷の人々

c0009516_2320479.jpg
初めて観ました。
ちょっと時間は長いけど(三時間ちょい)喜怒哀楽をバランス良く散りばめた単純明快なストーリーで楽しめました。

本気で愛し合ってしまう二人が出会うと、周りの状況を省みず”心から愛してる”という気持ちの一点だけで何年も想いを寄せ合う”愛の美しさ”と結末の哀愁はエエのですが、最後に取り残された妻の”毎日の小さな愛の積み重ね”な部分を、もし、ヒロインと共に過ごした場合の結末を考えてしまう私は現実主義者なのかも?と思った次第です。
簡単に結論が出ない世界に生きているが故に”人生は面白い”と言われる所以があるのかもしれませんねぇ。
まったく。
[PR]
by manun | 2005-03-11 23:38 | 映画

豚しょうが焼きプレート

c0009516_10181021.jpg
京都は北山のライブハウス”BBA”は、ロックなオヤジの巣窟としての”絶大な魅力”の他に”フードが美味い♪”という更なる特典がござる!

中でも創業以来、不動の地位を守っているのが”豚しょうが焼きプレート”でござる。

「豚生姜の焼きプレートください!」と注文する輩もおられるが、一向に構わない。
ちなみにお皿は焼いてありません。
これだけを食べに来る人もおられるくらいなので、ライブそっちのけで試してみるのもお利口さんかもしれませぬ。

まず、その容姿でござりまするが、あたたかい白ごはんの上に、サラダ(キャベツ・サニーレタス・スライスオニオン・スライスプチトマト・ピーマン・刻み青シソ)がドッカリと乗っており、その上に”BBA特製タレ”で焼き上げた豚ロースの生姜焼きが鎮座しておりまする。
おっと、生姜焼きに絶妙な風味を醸し出すマヨネーズもかかっております♪

マスターの竹馬の友であるプロドラマーのサミエル様などは、この生姜焼きプレートの特大を二杯食べて帰られるとの事。
その際、カウンターに常備してあるタバスコをたっぷりと振り掛けて食されるを聞き、私も試してみました。
ただでさえ激ウマな生姜焼きプレートが更に美味しくなる事受け合いでございました。
「私、辛いの平気♪」という方は、是非ともタバスコかけをお試しくだされ!
いや、半分を普通に食べて、残り半分にタバスコをかけて食べると二度美味しい♪
ボリュームたっぷりで700円也!

生姜焼きのタレは「企業秘密ですよね‥?」と聞くと「いえ、教えましょうか?」と簡単に答えてくれる気さくなマスターのお人柄も、このお店の最大の魅力でござるよっ!
[PR]
by manun | 2005-03-07 10:47 | たべもの

パッケージ

c0009516_21402862.jpg
希にパッケージの形態デザイン依頼を受けると「はっ!」と思ってしまう。
そうです。屋号に”PAC”の文字があるのに普段の仕事は平物ばかりぢゃん‥(と、言えるほど普段は仕事していません)

実はわたくし、パッケージの形態を考えるのが三度のセッ‥いや、飯より大好き♪
ぼぉぉぉっと虚空を見つめ、思案している姿は”サボっている”以外に見えませんが、頭の中はグルグル状態!

c0009516_21415290.jpg
まず、「あーでもない、こーでもない」と形を考えます。
「おっ、これだっ!」と形が決まると、平べったい状態に展開します。

しっ、しかし、この展開の段階で「うっ、この部分はどこから持ってくるねん‥」とか「あ、となりのフラップに掛かってしまう‥」などの問題が発生します。でもこれの解決策を考えるのが楽しい♪

で、大筋展開図が頭の中で出来上がるとMACに向かい、イラストレーターを使って平面図を描きます。

c0009516_2143595.jpg
ボール紙に直接プリントし、折り曲げ部分の筋入れを行い、カッターで形通りにくり抜きます。
この段階では既に鼻歌混じりです♪
「こんな楽しい事して、お金もらうなんて‥罰が当たらへんやろか‥」などと思っています。
で、組立てみて「がぁぁぁん‥あかんやん‥この部分‥」で、最初に戻ります。はっはっは!

先日もバンドリハ一時間前に、ふっと閃いてしまい、翌日に回したらエエもんを時間ギリギリまで作っている自分を見て「この好きモノめ!」と思ってしまいました。

でも偶にあるから楽しいんだろうねぇ。
本業以外は結構楽しい。(本業はなんやねん)
故にドラムもたのしぃドンドンパン♪
[PR]
by manun | 2005-03-04 21:43 | たわごと