無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レポート( 3 )

岩倉一部水没

7月14日の午前は激しい集中豪雨だった。
「職場まで送ってくれませんか?」という異例中の異例である嫁からのオファーがあったのも道路に出て理解できた。
c0009516_0291156.jpg

長年、京都に住んでいるが一般道が川の様な状態になっている自体は初めてだ。

c0009516_0302939.jpg

我が家はやや小高い丘の地域にあったので浸水の被害は全くなかったのだが、殆ど土地の評価額が変わらない近接地域で浸水の被害があった事に対し、同地域でも高低差で地価を変えるべきなのでは?と思ったくらいだ。

c0009516_0384987.jpg

水に浸るジムニーの画像を元に浸水の深さを推定すると約25cmだった。
京都市の左京区は京都タワーの頂上と同じ位置にあり、更にその上の地域である岩倉が水害に遭うなんて想像もしていなかったのだが、いくら高い位置にあってもその中にくぼみがあれば水たまりができるのだと再認識した次第だ。

自転車に乗っていると「ここはやや登り坂」とか地形の変化を感じられる。
自分の住んでいる場所が地域の中で「くぼみ」に値するとわかった場合は事前措置をとるのが賢明であると思った次第でもある。
[PR]
by manun | 2010-07-16 00:49 | レポート

スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」<サウナ編>

思ったよりコメントの反応があったのでビックリしました。
しかも新聞チラシは京都まで回ってなかってみたいやし…(すまそ)

てなわけで、もうちょい紹介どす。

あたしゃ、この仕事に関わるまでサウナの入り方知りませんでした。
ここのコンサルが日本を代表する「サウナ王」でございまして、正しい入り方というのを初めて聞きました。

正しい入り方を要約すると…

・シャワーを浴びて体を拭く
・体調に合わせて8~12分サウナに入る
・シャワーで汗を流す
・1~2分水風呂に入る
・体を拭いて露天で5分ほど外気浴する

これを1クールとして3クール繰り返した後、体を洗い、最後に1クールサウナ浴する。

この入り方をすれば「必ずサウナにハマるっ!」と言われ、「うそ〜っ」と思いつつ試してみまして、見事にはまりました(T_T)b
めっちゃ気持ちエエ♪
お試しくだされ♪

c0009516_1121727.jpg■高温サウナ
この画像は女性用高温サウナで男性用はこれの倍近くあります。でかい♪
この中で「ロウリュ」というサービスが展開されます。
「あちぃ〜なぁ〜」とサウナ室で座っていますとロウリュスタッフが入って来まして「今からロウリュを始めます♪」とお客さんに挨拶&説明をします。
要はサウナストーブにアロマ水をかけて大量の水蒸気を発生させ、でかーいウチワでユッサユッサと蒸気を室内に循環させ、体感温度を上げる事で更に発汗を促すというサービスです。(今回はユーカリの香りでした。檜ににてるなぁ…)
どわーっと水蒸気が上がるかと思ったら何にも出ないんですね。
そりゃ、そーだ。サウナ室の室温は90℃。よく考えてみれば水蒸気が見える温度ではございませんでした(^^;

c0009516_1125241.jpg■陶盤浴
いわゆる最近流行っている岩盤浴の信楽焼バージョンです。
スローな温かさでじんわりと汗をかくサウナですね。
信楽焼にこだわったのは滋賀県特産である事と「遠赤外線効果」・「癒し効果」をプラスαする為との事。
「あー、気持ちイイし、一時間くらい寝てたわ!」とおっちゃんが言ってました。
陶盤焼きにならない様に気をつけましょう(笑

c0009516_1131783.jpg■塩サウナ
これは女風呂にしかないサービスです。
この真ん中の山盛り塩を体にこすりつけて入るサウナです。
お肌にイイとか、身が引き締まるとか、老廃物を洗い流してくれるとか言われていますが「男故」試せませんでした。だれか入られましたら効果をば教えてちょんまげ!

c0009516_1133947.jpg■水風呂
サウナには水風呂との事。こだわりの水深1.5m。
知りませんでした。そんな深い関係だったとは…。
設定温度は16℃。サウナマニアには嬉しいらしい…。
しかし、私は5秒も入れませんでした。
修行が足りないようです。頑張ります。(頑張らなくてエエっちゅーに)

この他、ミストサウナもありました。

とにかくサウナに入って水風呂に一瞬浸かり、露天の畳休み処で寝ころぶと非常に気持ちがイイ。
てな訳でサウナレポートでした。

サウナ…なかなかエエぞっ♪
(但し、飲酒後・体調不良のサウナは絶対禁止ですぜ!)
[PR]
by manun | 2005-11-19 01:14 | レポート

スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」<食い物偏>

そう、11月17日、この時期の私は左団扇で過ごしているはずだった。
昨年も行われたQUEENイベントに向けて「あーあーっ♪」とか「うぅぅ〜♪」という奇声が岩倉界隈に響き渡時期でもあったのだ。

思えば本年6月の初めに「ロゴって描ける?」と言われたのがプロローグだ。
6月から秋にかけて年収の半分くらいを稼ぐ私にとって、この度お得意さまが一万坪の土地を購入して展開される巨大温浴施設のお手伝いなんぞ、出来る訳もねーべよ!な感じであった訳であるが無碍に断るのもなんどすから「ロゴくらいなら…」と軽い気持ちで受けたらネズミ講式、いや、ねずみ算式に仕事が増えてしまい「男羨む雄琴通い」な毎日なのでござる。
「あーあーっ♪」とか「うぅぅ〜♪」という声は往復の道中車中で叫ぶ故、近所迷惑にもならない。

11月19日グランドオープンに向けて今日は竣工式が行われた。
かじゅあるえぶりでぃな私も今日はネクタイなんぞを締めつつ参加した。
コンクリートの打ちっ放しから今日に至るまでの建物の経過をジワジワと見ながらの毎日でござったが、本日は「お客様」という視点からこの施設を改めて見る事ができた。

はっきり言いましょう。
「行ったら、びっくりするで!」
詳しくは本日の朝日新聞の折り込みチラシをご参照ください。

ん〜不親切!
では、チラシ紙面の都合上、詳しく掲載できなかった飲食店についてのコメントをしてみまひょ♪

c0009516_536596.jpg■手打ちそば・和食処 葦の花■
「バンパンバーン、はーい、そば入ります」この手の手打ちではない。
製麺所から購入したゆで麺を湯に通すというという簡単なオペレーションにすれば回転率も上がるのに、わざわざ蕎麦粉を捏ねるという方式だ。しかも「二八そば」・「更科そば」が選択できる。
一見、「へーっ…」かもしれないが「二八そば」を茹でた釜で「更科そば」は茹でられない。(ツブツブが残るのよね…)
毎回掃除するのである。大変だ。
そばが通しあげにこだわる以上、のせる天ぷらも通し揚げだ。あげたてーっ!
そこまでこだわる以上、当然、出汁にもこだわっている。
こだわった出汁で丼物からおばんざいまで作っているので煮物系はみんな美味い♪
お腹がへっているときは御飯物にしましょう。そばより早い。
でも、こだわりの蕎麦は一度は食べましょう。
c0009516_5374144.jpgそばを打っている故、うどん(結構細麺)も手打ちでこれまた美味い。
あれこれ迷う時は「特製味彩弁当980円」がオススメだ。
刺身から煮物・揚げ物・御飯・サラダ・汁物・デザートまで少しずつ味わえるので次回の選択の参考になります。

c0009516_5381217.jpg■イタリア料理 ボザール■
トマトソースは30時間煮込むとチーフが言っていた。
私が作るトマトパスタは煮込み時間5分。
煮込んだらこんな味になるの?って言うくらいトマトソースが美味い。
そのソースを使って手打ちのピザ生地で作るピザもこれまた旨い。
c0009516_5385868.jpg
冷凍物を使えば早いのに、オーダーが入ってから生地にソースを塗り、食材をのせて釜で焼くのだから美味しくて当然でござる。手作りフレッシュジュースも美味しかった。(リンゴ&セロリ)






c0009516_5393749.jpg■焼肉割烹 花もよう■
メニューを作成する際、料理長と話しをしていた折「ここの肉はえげつなくエエ肉を使っているから、和食・イタリアンと価格の格差が大きく出てしまうかもしれない。ビールとお肉で数万円みたいな…」と言っておられた。自然育成の新潟産黒毛和牛だす。

今日、初めてその肉を食べた。
一緒に同行した商社の営業マンが「以前、友達と1枚8,000円(150g)のステーキ肉を買って五人で分けて食べましたが、それより美味いですね♪」との事。
実は一度食べた後、また入店して二回も食べてしまった。マジで美味い。
二回目食べた時は「ちょっと特別にエエのん出しましょか…」とガラスショゥケースから肉を取り出し、切り分けてもらった。
c0009516_5401519.jpg
ここのタレは塩ダレである。肉の旨味を生かす為らしい。
でも、特別に頂いた肉は何もつけない方が美味しかった。
あえて言えば塩のみが一番美味しかった。(アンデスで採れる赤い塩)
ちなみに価格は普通の焼肉屋さんと同じ価格帯に設定されている。ほぼ原価らしい。
バラの盛り合わせに豚肉が入っていた。同行した営業マンは牛肉だと思って食べていた。イベリコ豚である。

以上、飲食店を廻って思った感想でした。

えげつない投資故に真剣勝負をかけているというクライアントの気合いで、私もついつい真剣に仕事してしまいましたが、ホンマエエよん。
って、ここで言うまでもない事なんですが、ちょっと感動しましてね。書いてしまいました。
おやすみやすぅ〜♪
[PR]
by manun | 2005-11-17 05:49 | レポート