無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:たべもの( 77 )

焼き飯

「炒飯」でもなく「ピラフ」でもなく「焼き飯」なのだ。
幼少の頃、おかんが作ってくれたのは中華寄りの「炒飯」でもなく洋風寄りの「ピラフ」でもなく、中道の様な「焼き飯」であった。
他人の(友達等)の家でよばれる焼き飯は、その家独自の味付けがあって面白かった。

先日、ケンミンショーで「大阪では炒飯にソースをかける!」と放映していた。
炒飯にソースは合いにくいかもしれないが、焼き飯にソースはよく合うのである。

なぜ今頃、焼き飯に熱くなっているかと言うと、これまたケンミンショーで伊藤ハムのポールウインナーが紹介された時「ポールウインナーの焼き飯はうまい!」と誰かが言ったのを聞いて「確かにそうだった筈だ!」と焼き飯食いたい心に火がついてしまったのだ。

そんな訳で最近、よくお昼にB級グルメ的な焼き飯を作ってしまうのだ(笑)

c0009516_16365729.jpg

当時の味を再現すべくの「こだわりレシピ」はこちらである。

●道具と材料
・フライパン
鉄製が好ましい。焼き飯独自の鉄分っぽい風味はテフロンでは出ないからだ。
できればフライ返しも鉄製がよい。

・油
基本はサラダ油でよいが、できれば天ぷらやフライを揚げたあとのオイルポットに入っている油が風味的に好ましい。昔はこの油を使って調理するのが一般的だった筈だ。

・御飯
冷や飯がよい。当時は電子レンジもなかったからね。

・キャベツ
7mm角くらいのみじん切りがよろしい。白い芯の部分も混ぜるのが正しい。
玉ねぎでも良いがキャベツがお奨めである。

・ポールウインナー
ハムや他のウインナーでも良いのだが、やはりポールウインナーを使いたい。仕上がった味が違うのだ。
2mm程度に輪切りする。

・味の素
味の素がないと「なんか物足りない‥味‥」になってしまう。しかし、ウエイパーや中華あじは、それらの持つ風味が勝ってしまうので良くない。やっぱり味の素。

・塩
アジシオでも良いが、味の素を使うので無添加の粗塩がよろしい。

・S&Bテーブルコショウ
ブラックペッパー等の本格的な胡椒よりもS&Bテーブルコショウを使った方が懐かしい味になるのだ。

・玉子
最後に乗せる目玉焼きに使用。

・ウスターソース
あとがけ用にスタンバイ。


●作り方
・フライパンを熱し、油をひく。強火だとキャベツが焦げてしまうので中火。
・温まったらポールウインナーとキャベツを投入。十秒ほど炒める。
・冷や飯を投入。フライパンをゆすって底にある具材を上に回し、切り込む様に御飯と混ぜ合わせる。
・キャベツが焦げない様に全体を炒め、御飯が温まってきたら火を弱めて、コショウ、味の素、塩を加え混ぜ合わせ味を見る。
・皿に盛りつけたら目玉焼きを作り(同時に作ってもよし)、上に乗せて完成。

c0009516_16373681.jpg
まずは、目玉焼きの黄身を広げて、塩味焼き飯と食し、楽しむ!

c0009516_1640719.jpg
後半はウスターソースをドボドボっとかけ、ざっくり混ぜて楽しむ!



しまった!焼き飯は炭水化物やん!(たりめーだっ!)
[PR]
by manun | 2010-04-01 16:43 | たべもの

にぎり寿司

にぎり寿司を撮影してメニューを作りました(笑)
c0009516_2522629.jpg


ずいぶん前にとある書店にて「にぎり寿司画像」のみを掲載した書物を手にしました。
「なんじゃこれ?」と思いつつも欲望に駆られたかの如く、パラパラとページをめくってしまう気持ちが、なぜか不思議でした。

何の味付けもしていないただの「生魚の切り身」の下には、ただの「酢・塩・砂糖」だけで味付した昆布風味の御飯。(但し、鰻・海老等、一部は加熱処理有)

超究極にシンプルな作り方なのに「なんとなく高級品」というイメージは、どこから来るのでしょうか?(刺身が高値なだけか‥笑 いや、ちゃうぞっ♪)

それ以来「いつか寿司のメニューが作りたい!」と思っておりましたところ、機会があり「撮影+メニュー作成」に至れました。

で、実現しました。はい、幸せ♪
だから、もう、死んでも本望です(嘘‥爆)

あ、そうそう‥
長い間、ブログをさぼっておりましたのは「様々な色んな事」やその「相関性」を考えて「直ちに実行」するのに疲れていたのかもしれません。

でも「にぎり寿司」の様に「シンプルながら生き生き!」もあるんだと考え直し、ペンを、いやキーボードに向かいました。

「更新されない+コメントが反映されないブログ」になっちまいますが「てきとぉー」に進めて行く所存です。

約一年半、更新されてないにも関わらず訪問して下さった数々の皆様、ありがとうございます!

では、また一年半後にお会いしましょう♪
[PR]
by manun | 2010-01-28 03:24 | たべもの

パエリアレシピは忍者式!

c0009516_141077.jpg先日、作った事のなかったパエリアを作ってみた。

作った事がなかったので、当然作り方がわからない。
ネットにてレシピを検索してみるとアホほど出てくる‥。
(「アホ」って「滅茶苦茶」を形容してるのかしらん‥?「アホほど早い!」「アホみたいにデカイ!」)

様々なレシピを散々吟味して悩んだ末、二つのレシピが選考された。

●シェフ監修式レシピ
「パエリア、今までうまくできなかったけど、初めて美味しくできましたー♪」と絶賛されているどこやらのシェフ監修のレシピ。

●本場スペイン忍者式レシピ
スペイン留学時代にスペイン人の友達のおかーちゃんからレシピを伝授してもらった忍者氏の「パエジャ」レシピ。

あたしゃ悩んだ。

シェフ監修式レシピは「エビはオリーブオイル&ガーリックで予め炒めておき‥」とか「アサリは白ワインで酒蒸しした汁をコンソメスープに溶かし入れ‥」等の「如何にも美味いですぜ!」の雰囲気バリバリだ!

一方、忍者氏のレシピは化学調味料系を一切使わず、鶏・豚・エビを事前に煮たスープを使うという素材の旨味を生かす様なレシピ♪

勿論、同時に双方のレシピを作る事はできないので、制作日時を変え、一回目はシェフ監修レシピ、二回目は忍者氏レシピを試してみました。

はい、ズバリ結論を申し上げます。

パクッと一口食べた瞬間にわかりました。
スペインのおかーちゃん直伝、忍者流レシピ「パエジャ」の方が圧倒的絶対的に美味しかったです!!!

ま、作った本人が「これ美味い!」と思う事も勿論大事ですが、食された方が「また作って欲しい!」とリピート要請することによって「このレシピは優れている!」という証しになると思うのでござる。
どっかの料理店に行って食って「ま、そこそこ旨かったな!」と思っても、そこの店に「もう一度行きたい!」と思えないと二度と行かない。
リピートがあってこそ世の中の商売は成り立つわけでございます。
レシピも然りでございます。

忍者式パエリアレシピ詳細←クリック

↑ちなみにこのレシピのポイントは、あまねくあふれるパエリアレシピに必須項目として書かれている「コンソメの素を使う」という部分を敢えて、食材でブイヨンを作成するというところだと思います。
レシピ中、下ごしらえ部の「エビと鶏肉、豚肉を水で煮て出汁を取り」の水の量は私的解釈にて、米を三合使うので180cc×3=540ccのお湯で煮ました。

一回目は米を洗い、ざるに空けて乾燥させました。
二回目は米を洗わずダイレクトに投入。
結果的には米を洗わない方がパサッとして美味しいです。

実のところ一番難しいポイントは米を炒め、ブイヨンを加え、強火で沸騰させた後、どれくらいの火加減でどれくらいの時間煮るか‥という部分だと思います。

あたしゃガスレンジ+アルミ鍋で米を炊くのが好きなので「よっしゃ!このへんや!」という勘がなんとなくありますが、そんなところを悩みながら作るのも料理の楽しさだと思います。

こんな素晴らしいレシピを惜しげもなく世に公開している忍者氏に敬意を払います。
是非是非、お試しあれ♪
で、ございます!
[PR]
by manun | 2008-06-23 02:14 | たべもの

衝撃! 火の国熊本 とんこつラーメン(五木食品)

c0009516_3364434.jpg先日のブライアンランチライブ、ご来場頂きました皆々様、ありがとうございました。(うっ、表題の件との相違が‥笑)

大盛況のライブも終わり、なんだかんだと飲みながら話をしているとき、ドラムのノリちゃんが「これ、良かったら‥」とスーパーの袋を手渡してくれた。

レジ袋有料化に伴う配慮かと思ったら中に棒ラーメンが入っていた。

スーパー等で旨いインスタントラーメンを見つけた時は「こっ、これ食べてみろ!」と渡すくらい、互いにラーメン談義では引けをとらない間柄なので「ふふっ、配慮の出来る奴だ‥」と思い、有難く頂戴した。

棒ラーメンと言えば「マルタイ」だ!
マルタイの皿うどんはトップバリュー製皿うどんより遥かに旨い!

しっ、しかしっ、マルタイの棒ラーメンはサッポロ一番塩ラーメン等に代表される「油あげ麺系」のインスタントラーメンには一歩及ばない。

そんな先入観が災いしてか、頂いた棒ラーメンはストック状態にあった。(つーか炭水化物禁止やし‥笑)

今日、何の気なしに、この棒ラーメンが目にとまり、今朝計った体重計も61kgジャストを差していたので「ご褒美として本日の昼はラーメンまるまる一食を進呈してあげよう!」と俺任せな判断をし、食べてみる事にした。

袋をみると「火の国熊本 とんこつラーメン」と書いてあり、五木と書いた子守をしている子供のロゴマークがあった。

「うーん、このマークどっかで見たなぁ‥。あ、いつもスーパーで買う五本入りの和そば乾麺のメーカーやん!ラーメンもやってたんか‥」と思いつつ、袋を開ける。

まず、そそられたのはスープの袋だ!
「所詮、棒ラーメンは乾燥粉末スープだ」と思っていたのに、液体の、しかもある程度ボリュームのあるスープが出てきた。
この時点で「んっ!液体?品質管理難しいのに、もしや味にこだわってるのかっ!」と、メーカーの意気込みを感じてしまった。

そして麺だっ!

二食入りと書いてあれば一食ずつ帯でもしてあると思っていたのに、二食がまとめてバサッと入っていた。
「いっ、今時‥」と、この大雑把さ加減に思わず笑いがこみ上げてしまい、「なんや!いややったら食うな‥」という職人気質なオヤジっぽさを感じてしまった。
(和そばは一食ずつ束ねられてます‥笑)

ここまで来たら「よっしゃ!どんな味やねんっ!」とこちらも楽しみでワクワクしてしまう。

550ccのお湯を沸かし、レシピ通りに二分半麺を茹でる。
生麺より茹で時間が掛かる乾麺を二分半でとめてしまうのは‥と思いつつ、スープの封を切り、投入。
袋から出てきたスープ濃縮液は濃い濃いっ、こげ茶色で「ええっ、なんじゃ?とんこつ醤油かっ?」と思わせる感じであったがお湯に溶けてしまえばスタンダードなとんこつスープ。
いや、よく見ると決してスタンダードではない。
やや濃い目のとんこつスープの上には黄金色の脂が浮かんでおり、その中に黒く焦げた浮遊物が多数存在する。凡そ尋常ではない。おそらく焦がしガーリックではないかと推測される。
しかも、漂う香りがたまらない。

「いざ勝負!」と麺をすくいあげ、ひとくち‥。

正直な話、衝撃であった!
勿論、「所詮は棒ラーメン‥」とバカにしていたギャップが更にそう思わせたのかもしれない。

「えっ、マジですか??嘘でしょ!なんでこんなに旨いのっ!!」

スープの深み旨みといい、麺の食感といい、今自分が自宅でチョイチョイと作ったラーメンとは思えない感覚!まるで旨いラーメン屋に来て食べてるという味であったのだ!

ふと思い出したのは熊本発祥、関西で大ブレイクしている「無鉄砲」というラーメン屋さん。
無鉄砲ほど「激しく濃く、激しく旨みが脳天に突き刺さる!」という加減では無いにしろ、旨みで酔わせるというテイストは通じるものを感じた。

なんせ食べ終わった後に腕組をして考え込んでしまったくらいなんだわさ(笑)

そして、即効でネットで調べたら、この棒ラーメン、無茶苦茶評価が高い!
「下手なラーメン専門店に行くより旨い!」とのコメントもしばしばやし、「このラーメンにチャーシューとネギ、メンマをトッピングしたら550円でも食べる‥」とのコメントもあり。
つーか、ホンマにそう思う‥。

販売価格、二食入りで約200円ですがな‥。

とりあえず、京都市内で入手できるスーパーが無いかは調査したいと思います(笑)
もし、「ここで売ってるで!」という情報をお持ちの方は是非とも教えてください(爆)

と、いうか見つけたら食べてみてください!
食の趣向は千差万別ですが、評価できると思います!

(B嬢様、福岡に帰省の際は是非とも京都みやげに‥笑)
[PR]
by manun | 2007-11-15 05:08 | たべもの

カレー鍋

c0009516_21423944.jpg昨日、何気なくYahooのニュースページを見てたら「今年はカレー鍋が流行?」みたいな記事を見つけた。

「カレー鍋?何それ?」と色々検索してみた。

要は「カレーうどんチョイ薄い目野菜ごった返し煮込み」みたいなもんだなと解釈し、それって美味そうやん!と思い、本日夕食に作ってみた。


レシピは下記の通り(かなりいい加減な自分流)

■ダシ
・水800cc‥くらいやと思う
・めんつゆ‥水の量に相応しい量
・カレールー‥半パック弱
・カレー粉‥大さじ二杯くらいかな‥
・クミン+オールスパイス(これはお好みで)

■具‥(選択の根拠)
・豚バラ‥(豚はカレーの友達)
・キャベツ‥(ホットドックのキャベツはカレー味)
・もやし‥(カレー味のもやし総菜が旨かったから‥)
・にんじん‥(明治時代からカレーのマブダチ)
・タマネギ‥(玉葱無くしてカレー無し)
・エリンギ‥(しみこむしみこむ‥)
・小エビ‥(カップヌードルカレーに入ってるし)


●作り方
・鍋に水とめんつゆを入れて煮る。(うどんダシくらいの濃さ)
・沸騰したらルーを溶かして味を確認。
・豚、小エビ、タマネギ、ニンジン、キャベツ、もやし、エリンギをぶち込む。
・ふにゃっ、となったら出来上がり!


ハッキリ言ってかなり美味い!これはブームになりそうというのが解ります!

今日は塾の日なので子供の帰りが遅い。父はそれまでに腹が減る。
故に実験的先行調理一人前。
恐る恐る一口パクッ!
「なんぢゃこりゃぁーっ!」という美味しさに、危うく四人前を平らげそうになってしまった(汗)

子供帰宅後、あっという間に食い尽くされたのは言うまでもありません。
残り汁に中華麺を入れ、更に残りに御飯を入れても、まだ食える。
あ、しまった!玉子入れるの忘れてた(笑)

カレー恐るべし!特別な材料もいらんし、皆様、是非お試しあれ!
[PR]
by manun | 2007-10-30 21:44 | たべもの

超簡単肴・玉葱醤油オイルサーディン

c0009516_1352552.jpg

「ドランカー」や「蟒蛇」にとって「酒の肴」は、ある意味大切なポイントであるかと存じます。

が、しかし、「この料理を丹精込めて作り、それを肴に酒を飲もう!」という場合を除き「ちょいと、うちで飲もうかな!!」という時は酒が主であり、肴は副であったりなんかします。

そんな時は「塩」であろうが「ピーナッツ」であろうが「キムチ」であろうが「即食える単品」が「有り難き酒の友」と変身する訳でございます。

「即喰!」これらの中で「缶詰」といふものは微妙な位置にランク付けされております。
「ヘイヘイヘイッ!高級までは行けないが、塩単品まで落ちていないぜ!」という缶詰の主張する微妙な風体が心に力を及ぼすのでございます。

最近はスーパーの「100円均一ワゴン」とかに陳列されている「さば味噌煮缶詰」に心を奪われている私でございますが、やはり私的缶詰ランキングでは「ズワイガニ」等を引き離し「オイルサーディン」が一番好きだったりなんか致します。
同じカタクチイワシを使用しているのに、国産物で「オリーブオイル漬+ローレルの断片入」が400円近くしているのに対し、ほにゃらら製「サラダ油のみ」は100円代で売られているのを不思議に思ったりなんかしつつも、買い物かごに入れるのは「リカーマウンテン・オイルサーディン150円(アフリカ産)」だったりなんかする訳でございます。

このアフリカ的オイルサーディンを食するにあたり、如何に加工するかに於いてノスタルジックスバンドY野氏と意見を交わした事がありました。

私は「粗塩+ガーリック+タカの爪」で煮るのが美味い!と確信していいたのですが、Y野氏は「オニオンスライス+醤油」が美味い!と主張されるのでした。

が、「好みは人それぞれ‥」と、そのレシピを試しもせず、相変わらずイタリアン道的サーディンを食しておりました。

ががっ、しかし‥。

先日、矢野(あ、しまった!)Y野氏亭にお邪魔し、時を忘れ早朝まで飲み明かしていた折の途中でY野氏は玉葱を刻み始めました。
数分後には山盛り玉葱に覆われたアフリカ産オイルサーディンがテーブルに置かれました。

なんだかんだと雑談をしつつ、その「オニオンスライス+醤油」のオイルサーディンを一口‥。

「うっ、エエッ!なんでこんなに美味いのっ!!!!」

「粗塩+ガーリック+タカの爪」史上主義の私の思想は脆くも破れ、只今、「オニオンスライス+醤油」を食しながらブログを書いている始末です(涙)

日本人に生まれたからなのかどうか分かりませんが、「ソイソース(醤油だな)+魚」は、激しく本能に訴えます(号泣)
しかし、脇役としてのオニオンスライスのハーモニーは絶対絶妙!
単に醤油をかけただけではこの味は出ません!


単身赴任の吾人、或いは多大に迷惑ながらも夜中に酔っぱらって帰って来て、更に酒の肴に五月蠅い旦那様をお持ちのご婦人、あるいは「白御飯大好き!」なお方、下記レシピを騙されたと思ってお試しあれ!


●超簡単・オイルサーディンレシピ

1.中玉、玉葱を1/4ほどスライスする。
2..オイルサーディンの蓋を開けてスライスした玉葱を乗せる。
3.上から醤油を大さじ1〜2ほどかける。
4.オーブントースター或いは魚焼きグリルで加熱する。
(玉葱がバリバリ焦げる様ならアルミホイルを被せましょう)
5.サーディンのオイルがグツグツ煮始めえたら1分ほどで取り出す。
6.即、食す!

以上でございます。

いやぁ、味というのは「想像」と「現実」では隔たりがあるものだと確信した次第でございます。
[PR]
by manun | 2007-10-09 01:43 | たべもの

ビールダイエットで8kg痩せました♪

c0009516_2255740.jpg
なかなかインパクトのあるタイトルだ!(笑)
でも、ホントに二ヶ月で8kg痩せました。(74.5kg→66.5kg)

●動機●
ベルトに手をやれば‥拳を温かく腹部の皮下脂肪が包み込んでくれる‥。
そんなお腹と共に暮らしていた私は「笑笑」で飲んでいた際、雑談話がダイエットに言及し、お二方からこんな話を聞きました。

K亭氏:「えっ、僕なんか8kg痩せたよ!ズボンごそごそ‥」
RM氏:「僕は18kg痩せましたね。」

私:「なっ、何をしはったんですかぃっ???(薬物系?)」

二人:「そんなん、めっちゃ簡単やん!炭水化物やめたらエエだけの話しやん!」


●決意●
「炭水化物をやめる」そんな話は聞いた事があった。しかも身近で‥。
おぉ、そういえばウチの配偶者が「今、炭水化物やめてるしっ!」とヒステリックな形相で晩飯を抜いていた筈だ。きっと辛かったんだろう。
数週間後には御飯やパンを食べていたもんな‥。

でも、ちょっとやってみるか‥。本気で‥。


●実行●
翌日より「炭水化物は悪の元凶である!」との思いこみをしてみました(笑)
が、ハッキリ言って炭水化物は美味しい!
体内に対し効率よくエネルギー源になるという必須食品だから体が美味しく感じるという「理屈」なんぞ抜きにしても、やっぱり美味しい!

実際、自身の食生活を顧みれば食事内容の構成比率80%近くが炭水化物だったりなんかするんですねぇ。これを全て常時オカズに変換するのも難しい。

そしてダイエット成功者「K亭氏&RM氏」が口を揃えて言っていた格言がありました。

それは‥

「辛いダイエットは続けられない」

でございました。

真理を突いた誠に深い格言!(笑)

と、いうわけで下記の「実践項目」を楽しく実行してみました。

○昼食は炭水化物以外を極少ない目にとる。(250kcal以内)
○夜食は炭水化物以外は普通に食べる。
○魚・野菜・豆腐・納豆系はそこそこ食べてよい。
○肉類・揚げ物類は少々食べてもよい。(マヨネーズもOKだっ♪)
○<ポイント>夜食は御飯の代わりに大量のビールで腹を満たす!(爆)


●途中経過●
ダイエットしてるとね「飲み会」が辛かったりなんかするんだす。
「動物性蛋白質(肉類)は食べてはいけない」・「油分は絶対に摂らない」等云々。
これって結構、ストレス溜まります‥orz
しかし、私の掲げた「実践項目」なら大丈夫か?
宴会のアテは「ポテトサラダ」・「バターコーン」・「焼き飯」・「焼きそば」・「雑炊」等を除けば炭水化物は少ないもんです。

出てきたアテをちょこっと食べては生中をガバガバ飲む!
ストレスなんぞ溜まる訳がなかったとです(笑)

夜中に腹が減れば缶ビールをプシュッと開けてサラミ3枚とチーズ3枚で空腹は満たしました。

一ヶ月もすれば胃は縮んでしまい、今まで「天一ラーメン+餃子+御飯」でしか満たされなかったお腹は「あっさりした塩ラーメン半分」で十分に満たされる様になりました。

4月9日から一ヶ月後に体重計にのると約5kg体重は減っていました。


●ビールの効能●
ビール腹=ビールは太ると聞いていました。(思っていた)
御飯をビールに置き換えたらダイエット効果は薄れるよなぁ‥とさえ思ってました。
居酒屋へ行けば生中を10杯近く飲んだりしてたもんね(8時間くらい居てたかも‥笑)

が、しかし、体重は減ってますねん。

そこで、ビールについて調べてみました。
ビールが太ると言われている最大の原因は「食が進む」という事らしいです。
脂っこい物が欲しくなったり、ビールのさっぱりした後味で次の物がサクサク食べられるらしい。
しかも後に「締めは御飯か麺類‥」と、炭水化物を摂取してしまう。
要するにビール自体で太るのではなく、ビールを飲む事により進んでしまった食事内容で太るみたいです。

カロリーについても調べてみました。
ビールの大瓶633mlと御飯一膳150gは、ほぼ同じの250kcal!
「御飯一膳食べるのとビール大瓶一本飲むのと同じなのか‥」と思ったら違いました!

御飯一膳は全てが、ほぼ炭水化物であり後々体内に蓄積されるのに対し、ビールのカロリーの2/3はアルコール(エタノール)でありエンプティカロリーと言って体内には蓄積されず、熱エネルギーとして放出されるらしいのです。
(アルコール→肝臓でアセトアルデヒトに変わる→アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸に変わる→炭酸ガスと水に分解)
ビールは「蛋白質+糖質+食物繊維等」の体内に蓄積される栄養素も含んでいますが大瓶一本飲んでも御飯の1/4くらいしか蓄積されないらしいです。

つーことは、ビール大瓶4本(2,532ml)で御飯一膳(150g)分?エエやんそれ(笑)

余談として一日中飯も食わずにビール(酒)ばかり飲んでいる「アルコール中毒の人」に太っている人はいないというのが例としてあげられてました(笑)

因みに「痛風」の原因となるプリン体の含有量は「レバー・エビ・椎茸等」に比べると数十〜数百分の一らいしいです。

●と、いうわけで‥●
二ヶ月弱この食生活を続けて8kg体重が減ったのはビールのお陰かなぁ?と思う次第なんです。
炭水化物ダイエットは辛い‥でもビールに助けられた!みたいな‥。
でも、「是非お試しあれ♪」とは言いません。この後、何らかの健康障害で入院するかもしれませんし(笑)
或いはリバウンドして「ん〜、あかんかったな!」と開き直るかも‥(爆)


●余談●
「簡単に痩せられるぜ〜♪」みたいな軽い調子で書きましたが実際最初の頃はお腹もグゥグゥ鳴って結構ひもじかったです(食べる量も故意に減らしてますし‥笑)
でも、お腹がグゥグゥ鳴ると「あぁ、今、俺の内臓脂肪は分解されてエネルギーに変換されてるんやなぁ‥ありがたや‥ありがたや‥」と、思い込ませてました。

ダイエット成功者「K亭氏&RM氏」が口を揃えて言っていたもうひとつの格言。

「決めたら絶対やりきる!」(きびしーっ!)
[PR]
by manun | 2007-06-05 02:38 | たべもの

ラーメン荘 夢を語れ

c0009516_435118.jpg

昨年あたりだったか、京都は左京区一乗寺北泉通りに新しいラーメン屋が出来ておりやした。

その真っ青な飲食店らしからぬテント看板から「ん?不動産屋さん?」と思ったけど「ラーメン荘 夢を語れ」と書いてある限りラーメン屋らしい。
それ以上に驚いたのは京都ラーメン草創期から名を連ねる「天天有」の真横というロケーションでござった。
普通は「おぇっ!喧嘩売ってんのけ?」と受け取られるでしょう。
「自信がある」か「喧嘩好き」か「世間を分かっていない」か不明な感じ。

天天有側は「まぁ、頑張らはったらっ‥」との老舗の風格的寛容なる心で許しているのだろうか?と想像をしてみたりもするがホントは心中穏やかではないとも思える。
出店地域は一乗寺ラーメン激戦区のど真ん中。最初はカウンターの客ももまばらだったはず‥。
そのうち潰れるやろうと思っていたら店先に人が並んでいたりする。
「ん?美味いのか?」と思いつつ、ある時ふっと入ってみやした。

入り口すぐ左横に食券自販機。
食券自販機を設置する店は「余程味に自信がある」か「立地条件が余程良い」か「大いなる勘違いをしている」かのどれかに属すると思っていやす。
自販機にお金を入れてメニューを見る。
あたしゃ、初っぱなはスタンダードなラーメン(並)を注文する主義でござる。
ラーメン並600円‥それは良い。
麺300g‥。

たまたま飲食店関係に携わる仕事をしているから「ほへっ?何考えてんねんっ!」と思ったのだが、普通のラーメン屋さんの(並)の麺の重さは160g前後くらいでござるから、300gというのは尋常でない量だ。
が、「たっぷり食べられるのは良い事だ!」と少し喜ぶ。

食券を手に取り、自販機の横を見るとバケツに割り箸が大量に刺さっており「カウンターまでお持ち下さい」と書いてあった。

「ちょっと普通の神経ではないな‥」と、怖い物見たさの嬉しさを伴いつつカウンターへ。

カウンターの中では20代くらいの若いにいちゃんが一人でお店を切り盛りしておった。
カウンターには調味料や爪楊枝等は何も置いてない。
厨房方面を見るとダンボールの切れ端にマジックで「脂多い目・野菜多い目・ニンニク有りお申し付けください」とか「調味料が必要な方は持参してください」等のメッセージが沢山書いてある。

「なるほど‥徹底的に合理化してるのね‥」と思っているうちに店長から「ニンニクは入れますか?」と聞かれ「はい!」と答えると目の前にラーメンが置かれた。

ここのラーメン鉢は底が深い。そりゃそうだ、デフォルトで麺300gだもん。
でもその大量な麺とスープの上に山盛りの茹で野菜(もやし・キャベツ)が乗っている。
その上に厚切りのチャーシュー数枚。スープは背脂でギトギトしている。
多分、普通のラーメン屋さんでは「超特大」に匹敵すると思われる。

鉢全面を覆う野菜をのけつつ、麺を探してみた。

驚いた!平打ち生パスタのタリアテレの様な麺だっ!
食ってもモゾモゾした食感だ!大凡ラーメンと言われる麺ではない。

スープの味は背脂が大量に浮かんでいても豚骨+鶏ガラ系あっさり醤油系の味だ。
少し獣臭い野性的な臭いがするが、わからない程度の生姜で上手く抑えてある。
スープと茹で野菜の相性は良い。
焼き豚もそんなに悪くない。

しかし、このグニュグニュした麺はなんだ!
これは一体なんなんだ???
鉢の中身を一口、運ぶ毎に頭の中は「?????」で一杯。

「これは美味いのか?不味いのか?なんだかよくわからなが、少なくとも一般的に言われるラーメンとは全く異なる食べ物である事は間違いない筈だ!」

もう止めたい‥と思いつつも次の一口。そんな事を繰り返しながら完食してしまった。
「こんなんラーメンとちゃうっ!」と頭の中では否定しつつも体が食べてしまった。
決して「あぁ、美味しかった!大満足!」という印象も残さずに完食してしまったのが、なんとなく悔しかった。

「もう二度とこの店には来るまい‥」と席を立った。
入った時は開店間もない頃だったので空いていたのだが出る時には満席だった。
店を振り返り「この満席の客は何を想ってここに来ているのだろう‥?」と思った。

天下一品のラーメンを生まれて初めて食べた時は衝撃的に美味かった。
しかし、人によっては「なんやこれっ?なっ、なんなんだっ!」と疑問を抱く人も多いと聞く。
「それって、きっと、こんな感じの印象なんやろなぁ‥」と思い帰宅した。

人に「夢を語れってどんな味?」と聞かれれば「あれはラーメンとちゃうで!不味くは無いけど、体育会系学生向きラーメンやな!」と答えつつも、抑えられない想いがあった。

「もういっぺん食べたい‥」

正直悔しかった。あれはラーメンではないと完全否定しつつも食べに行きたくなっている。
ネットで調べてみると関東では有名な「二郎」というラーメン屋の流れをくんでいるらしい。
「俺、ハマってんのか?」と思いつつ、本日、遂に二度目のトライをしてしまった。

自販機横の割り箸はリサイクルできる竹箸に変わっていた。
以前は異常に盛ってあった茹で野菜も減っていた。

今日は「これはラーメンではない!」と思いながら食べてみた。
麺を捏ねた塊を包丁でスイスイと茹で釜に放り込む中国料理がある。
あんな感じの料理なんだ!と思い込ませながら食べてみた。

やっぱり不味くはなかった。
しかし、天一の様な満足感はなかった。
だが、また来てしまうだろうとの印象は残った。

美味しい飲食店は沢山ある。
「ここ結構美味いな♪」と思いつつも二度と行かない店も結構ある。
「もう一度行ってみたい‥」と思わせる店は本当の曲者だと思うこの頃でござる。
[PR]
by manun | 2007-03-16 04:39 | たべもの

手作りベーコン

手作りベーコンは大変だ。
料理なんて短くて数分、長くて数時間、ちょーっ、長くて二日や三日くらいに終えたいものだ。

しかしながら手作りベーコンともなると新鮮な豚バラ肉を割と大きい目(数キロのブロックですね‥)にチョイスし、塩(+香辛料)をまぶして一週間冷蔵庫で寝かせ、血抜きをしたあと流水で3〜4時間塩抜きをし、サクラのチップ等で3〜10時間くらい、しかも温度計を見ながら(60℃前後)薫製しなくてはならない。

だから当然、今まで一度も作った事がない(邪魔くさいやん‥笑)

以前の職場で肉屋さんと取引があった際「ベーコンはもうからない!」との話を聞いた事があった。
ハムは肉自体に水分を染み込ます事によって元の目方より増量し、しかも短時間で制作できるから有り難いが、ベーコンは時間が掛かる割には元の目方から減量してしまい、高価な価格で売れないから余り作りたくないと言う‥。

しかし、ハムなのかベーコンなのか分からない大手食品メーカーが作ったベーコンよりも本来の作り方を重視した弱小企業のベーコン(伏見の仙石ハム伊賀屋)や手作りのベーコンは格段と旨い♪

滅多にそんなベーコンとお目見えすることは無いのだが今年の正月はチガイマシタ♪

あたしのブログにマニアックな内容で度々登場したノスタルジックスY氏が「いやぁ、年末になぁベーコン作ったねん。1ブロックあげるわ!」とお正月に進呈して頂いた。
進呈して頂いた理由(「理由」と書いて「ワケ」とも言う。「本気」と書いて「マジ」とも言う。)はベーコン作り談義に薫製温度異常、いや、以上の熱意を持って夜を明かし、語り合ったからなのかもしれない。

そんなベーコンを頂いた限りはお返しに「ポワンプールポワンのパウンドケーキ(by宝ヶ池)」とはいかないのが世の常である。

「どどど、どないする?」と考え、思いついたのは随分以前に「がおがお亭シュフ」に御教授頂いた「アマトリチャーナ」の制作であった。
「あ、生ニンニクが無い!あ、白ワインもない‥」とライフ(スーパー)に走り、レシピ通りに忠実に作成した。
作ってから思ったのは「白ワインはちゃんとした物を使うべきであったなぁ‥」という反省点。ワインの風味が結構味に影響する。(しらんかった‥)

が、しかし、我が家で最も厳しい御料理審査委員(ガキんちょ)は高得点だった。

こやつらは「おいしいよ!」と愛嬌を振りまいていても、大人の様に無理して不味いものを全部食べてくれない。
不味い物は笑いながら残すのだよ‥orz
が、皿を舐めるくらい食べてくれたのでY氏にこのソースを進呈する事ができた♪

まったく取り留めもない話なのだが、結局は、言葉は無くとも「なんとなく気持ちが行き交う」というのが気持ち良かったという事でごじゃります。

そんな一年にしたいなーっ、と思う昨今なのでR(YK嬢風)
[PR]
by manun | 2007-01-05 04:46 | たべもの

梅田インディアンのカレー

c0009516_3492483.jpg

またカレーかいっ!(失礼)
(目標!最低月に一度はブログ更新しよう!)

ぢつはわたくしっ、「食べ物好き」な風体を晒しつつ、関西に在住しつつも戦後からの歴史を誇る「梅田インディアンカレー」を食べた事がありませんでした。

「カレーだ!どうのこうの○×△‥」と蘊蓄を申しつつも、世の女性が「あたしカレー大好きっ♪」と言う程あたしゃカレーが大好物ではありません。(すまぬ‥)

まぁ、しかしホンマ、「カレー大好き♪」な方々は関心するほど世の中に仰山おられる(特に女性)
日本国民に「木村拓也とカレーとどっちが好き?」と問うならば九割方の人々は「カレーが好き!」というくらいカレー好きは多いと思われる。(設問が間違ってます)

だいぶ先日、バンドリハ終了後のミーティング(一杯飲み)にて部分的範囲でカレーが話題となり、当バンドのJ氏がさりげなく「梅田のインディアンカレーを超えるカレーを食べた事がない」と断言されました。(同い年でありながらも「紳士な振る舞い」に一目置くJ氏だ!)
「あぁ、梅田のインディアンねっ‥」とコメント出来ない自分に対し「俺はどうして今まで梅田のインディアンカレーを食べて来なかったのだ‥」との自責の念に駆られました。(そう言えば天理ラーメンを初めて食べたのも30才を超えてからだった‥)

大阪に在籍する割とグルメな某女史に聞いても「そら、昔の方が美味しかったけど‥今でもインディアンカレーは美味しい♪」とのコメントを頂く。
益々食べねばならぬテンションは高まるばかりナリ!(昔は美味しかった‥は卑怯である‥くやしひっ‥)

と、そんな悶々とした日々を暮らす中、梅田に用事ができました。
「やった!待ってろよっ!インディアンカレー!食ってやるっ!」そんなテンションで阪急に乗り込んだのでした。

なんだかんだとハードワーク(実は遊び)をこなし、大阪系マブダチに連れてもらったのはインディアンカレー!
(全く余談ですが三条木屋町下がるにある「インデアンカレー」も四十過ぎてから行ったけど和風スープカレーみたいで美味しかった。<「インディアン」と「インデアン」の表記に注意しよう!>)


DE‥まず、値段にビックリだ!
「食い倒れの大阪でプレーンなカレーが730円となっ!」
しかしながらカウンターには常時お客さんが回転しておるクルクル!(なっ、何故だっ!疑問?)
とりあえず勝手が判らない私は食券購入も相方(おいっ!)にまかせカウンター席に着きました。

梅田の地下街にある飲食店にしては、なんか知らぬが、このお店、気品と自信にあふれておる。
いや、私はユーザーだ!たとえ食券を他人様に購入して頂いたとしても客としてカスタマーに負けてはならぬという気概を鼓舞する間もなくカレーは目の前に置かれたのでした。

「うっ、これが噂に聞いていたキャベツのピクルスか?」と別添え薬味を観察しつつ、一口目をパクリ。

一口目を口にした瞬間から1秒後に頭を駆け抜けた感想は‥

「あっ、あっ、甘いっ!」

であった。

しかし、それから遅れること5.5秒後に頭を叩きまくったのは‥

「かっ、かっ、辛い!」

であった。


「ひょえーっ、甘いっー!いや、辛いっ!いや?美味い?」

そんな複雑な心境に駆られつつも思い出してしまったのは、かれこれ10年程前にダイニングキッチンでバイトをしていた頃の情景でござる。
(一瞬本題から逸れるかもしれんが実は重要なポイントなんだわっ!)

その当時、あたしゃなんでか知らんが飲食店にバイトをしており、尊敬する先輩であるプリンスホテルのフレンチコックさんをお店に招きつつ、簡単にできるレシピの教えを蒙っていた。
その時教えてもらったチキンカツにかけるソースのレシピに大量のチリペッパーが書いてあった。


私:「こっ、こないにチリペッパー入れたらお客さん、辛くて食べられないのんちゃいます?」
先:「あぁ、大丈夫や。砂糖を大量に入れるから、甘さに辛さの意識を奪われてしまうんや‥」


この時に「甘味」は「唐辛子辛さ」を和らげるという術を知ったのでござる。


梅田のインディアンのカレー、大変辛い!
結構辛いのが好きな私でも「辛い」と思ってしまう。
それでもなんだかんだと食べてしまうのは「甘味」とのバランス。
戦後から開店しているという事は特別変わった材料を使っていたのではないと思うのだ。
多分、戦後にそこらにあった食材の筈だ!(中華「そばますたに」もきっと同じだ)
タマネギやニンジンの甘味を存分に活かしているのだと思うのである。

「甘味」と「辛み」のバランス。
どちらがくずれても美味しくないところを絶妙なバランスで提供しているインディアンの「甘辛黄金比率」に大変関心してしまった。
旨味だけならば他店に、もっと魅力的な店舗があるだろうけど「旨味+甘辛バランス」で勝負したら梅田のインディアンカレーは侮れない存在だなぁと思った。

「もう一度食べたい‥」と思わせるのは飲食店にかける大切な要素でござます。
また食べてみよう!梅田のインディアンカレー♪

で、‥

ここで汗だくカレー日記を終えれば良いのだけれども‥。


カレーを食った後、梅田発、河原町行きの特急に乗りました。
疲れていたのかな?座席について即目を閉じ眠りました。
途中停車駅でふと目を覚ますと周りにいる女性の視線が気になる。(モテル男は辛い♪)

桂あたりでふとプラットフォームを見つつ、閉まる扉の上を見ると電光掲示板が表示していた。

「この車両は女性専用車両です」

タヌキ寝入りをしつつ、烏丸に到着するまで「ん〜ん〜、どっ、どうしよう??」と、硬直状態&悶々としてしまい、烏丸駅に降りた時にはインディアンカレー以上の涼しい汗をかいてしまった事を正直に申し述べておきます(恥)
[PR]
by manun | 2006-12-01 03:53 | たべもの