無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レア?( 3 )

ろくまんきちのライブ

c0009516_034590.jpg2007年の春頃だっただろうか、セッションとかでは知り合いだったけど大して付き合いのなかった「ろくまん氏」と急速急激に友達になった。
初めて飲みに行ったその日に意気投合して「一緒にオリジナルバンドをやろう!」となった気がする(笑)
毎日の様に録音した音源ファイルをやりとりしてはデモ音源を作成し、週に3日は飲みに行き、ジャケットデザインやTシャツデザインを行い、バンドメンバーを集め、リハを行いぃの「熱い熱い半年間」だった筈だ。

が、諸般の事情でデビューは果たせなかった。色々と協力して下さったお友達には申し訳ない限りであった。ごめんね!みんな、ほんまにごめん!

先日、「キース&ブレンダライブやりますのでJ-MAN出演どうですか?」と連絡があった。
普段はジャッキー&まんきちのJ-MANで出演していたのだが交通機関の利便性やらなんやらと色々と考える節もあり「ろくまんきちで出てみるのも?」と思ってしまった。そう思ったのはやはり体重をトータル12kg落とすダイエットまでして望んだ色んな努力を「無」にしたまま人生を終えるのもどうか?と思った次第でもある。

ろくまん氏から「焼肉食いたい!」という七文字のメールを受け取り、こまちの美味しい近江牛焼肉をつつきながら「今更ながらろくまんきちで出てみる?」と話を切り出すと快諾を頂き、実に五年ぶりにお試し復活ライブが実現したのである。(デビューしてへんし復活とはちゃうか‥笑)

てな訳で8月11日(土)午後六時過ぎより河原町二条北西角ジョイビル 5F「どん底ハウス」にて行われる「キース&ブレンダライブ」に参戦する事が決定した。

チャージは1,000円だがキース&ブレンダライブなら十分に元は取れるから万障お繰り合わせの上、お時間のある方はお越し下さいませ。


PS:ん~、なんでろくまんきちはデビューせぇへんかったんやったっけ?あ、初めて二人でスタジオに入って練習した時に「ろくまん氏、ハモリちゃんとやれよ!」「まんきちさん、ギター弾けないなら初めっから言うてんか!」と、どつきあいの喧嘩になったからかぁ‥(フィクションです‥笑)
でも、損はさせへんでっ♪
[PR]
by manun | 2012-07-30 00:05 | レア?

服部セイコー

c0009516_16114086.jpg
今日、お友達のところで仕事の打ち合わせをしていて、ふと腕時計に目がいきましてん

「へぇ〜、ロレックスしてる人は良く見るけど、GS持ってる人は初めて見たわ。ホンマに時計が好きなんやなぁ‥」と言うと苦笑してました。

外国製高級時計はあまり欲しいと思いませんが、これは”いつかはクラウン”(古い)のノリです。(でも、くだらない物を買っちゃうんですよ。私は。)

男ってぇのは、大きくなっても”オモチャ好き”が抜けないもんだと自身を振り返りつつ、思いました。部屋中オモチャだらけやもんね。(楽器とか音響機器とかPCとか‥)
[PR]
by manun | 2005-01-29 16:30 | レア?

増殖

c0009516_2350532.jpg

先日、偏脳侍よしろ〜様より”宿題CD-R”を頂戴致し、その中のオマケフォルダーにファイル名からは内容の想像できないMP3ファイルがたくさんありましてん。

試しに開いてみると‥なんと、懐かしい”スネークマンショー”のネタ音源ではござらぬか!
「うひょぉ〜♪」とヘッドフォンをつけながら、暫し聴き入りつつ苦笑し、冷静に聴いては苦笑し、知らぬネタには爆笑しておりました。

で、ふと想い出したのがYMOのアルバム”増殖”でござる。
私自身、テクノが好きだった訳ではないのでYMOのアルバムは持っていなかったのですが、なぜか”増殖”のジャケットを飾る超リアルYMOフィギアは三体セットで持っていました。

当時の仕事絡みでフジカセットの営業マンから貰っちゃったのよん♪
しかしこのお人形、結婚して実家を出てからは屋根裏部屋に放置プレイ状態でした。

母親から「ちょっと、あの気持ち悪い人形、捨てたらあかんの?」と聞かれる度に「あれはレアものやから捨ててはならぬ!」と言いつつ、”しかし、どこで誰が買い取ってくれるねん?”との難解な答えは見つけられず終いでした。

ちょうどその頃はYAHOOオークションが始まったばかりで、今の様に手数料を取られる訳でもなく「皆様、どんどんご利用くださいませませ!」状態でした。

一丁出品してみるか!と友達からデジカメを借りて初出品。
当時のフジカセット営業マン曰く「マニアだったら一体三万円は出しますよ!」のコメントを参考に三体セット九万円で出品。

UPしてから「ちょっと高かったかなぁ〜?」と思いつつ、数時間後に見てみるとコメント覧に「二十万円で即決して下さい!どうか宜しくお願いします!」とのメッセージ。

かくしてYMOフィギアは私の手元を離れ、万札に変わりました。
「もったいないなぁ〜海外に出品したら、もっと高くで売れるのに」と言われましたが、当時無一文で独立創業した私にとって、必要だけと購入できなかったデジカメやパソコン周辺機器にフィギアは成り代わってくれました。そのお陰でどれだけ仕事が助かったか・・・。

だからこの写真を見ると”ありがとうYMOフィギア”と心の中でつぶやいてしまいます。
[PR]
by manun | 2004-12-10 01:14 | レア?