無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:電気製品( 11 )

1/12節電

最近、夜になると目の前の物がチラチラするなぁと感じ「これも年のせいか或いは目の病気かもな‥」と思っていたら天井の蛍光灯の寿命だった(笑)
「そろそろ交換時期なんか‥」と、ぐうたらに三日ほど放置すると、ありえへんくらい暗くなってしまった。

ロウソク一本の光は”心のともしび”という感じで、たとえ光量は少なくても、なんか有り難みを感じるのに対し、蛍光灯の切れる寸前の暗さは「淋しさ・貧しさ・悲壮感」を感じてしまう。

こいつは精神衛生上、宜しく無いなと思い、明日の必須業務は新しい蛍光管の購入だ!と決意しつつも「暗い照明の中での生活に不便があまり無い?」って事に改めて気づいた。
仕事で使うPCディスプレイや携帯、漫画や小説を読むiphoneも自らが発光しているからだろう。

って事は「普段は電球一個くらいの照明でも十分生活出来るのかも?」「電球が切れて全く使っていない電気スタンドにLED電球つけて天井に向けて間接照明にしたら結構エエかも?」などの考えが走った。

仕事の都合上、蛍光灯の下で印刷物の正確な色の判別をしなければならないシチュエーションが五年に一度ほどあるかもしれないので、ホームセンターに行って40w+32wの蛍光灯セット(1580円)を仕方なく購入し、ついでにLED電球40w相当(698円)を購入した。
まずは新品蛍光灯に取り替えたシーリングライトを点灯してみた。
c0009516_147711.jpg
蛍光灯を72w炊いた部屋は確かに明るい。
しかし、散らかってる様子や黒霧島の空き箱が気になる。
とても現実世界なのだ。

で、試しに放置プレイされていた電気スタンドにLED電球(電球色)を取り付けて天井に向けて発光してみた。
c0009516_1531667.jpg
当然、光量は1/2近くになるから暗い筈だが、でもなんだろう?妙に落ち着く(笑)
なんか、自分の部屋じゃないみたいで、どっかのお店に来た感じで断然気に入ってしまった♪

暗いと言っても書物も読めるしキーボードも十分打てる。いざとなればLED電球の向きを下に向ければ全く問題ない。
何かを燃やして灯りや暖をとってきた人間は赤外線を多く含むこの色の灯りに不思議な安心感を覚えるのかも?と改めて思った。

今までの灯りが72wだったのに対してこいつは6wだから1/12の節電になる筈なのだ。
がっ、我が家の光熱費がいくらかを全く知らない同居人女性(嫁+子)は電気をバンバン使ってくれるので、あまり節電には寄与しないだろう(笑)

しかも、規格外の電球を無理矢理取り付けられた電気スタンドの容姿は、なかなか無様である(爆)
c0009516_221254.jpg

[PR]
by manun | 2012-12-18 02:22 | 電気製品

買って良し!スティックミキサー♪

c0009516_0481741.jpg
いつだったか新聞の広告でティファールのスティックミキサーを見た。
「ん?何に使うねん?」と思いつつ、鍋に突っ込んで材料をグリグリ出来るというのは中々魅力的だった。

カレーを作る際、ふつーのミキサーを使ったりするのだが「出して・洗って・片付けて」が非常に面倒くさい。「ふむ、こいつなら洗う面積が凄く少なく済むな!」と思った。いや、そういう発想は大事だ。

調理というのはレシピも大事だが一般家庭においては「毎日毎日延々と死ぬまで調理という作業を繰り返す」って事を考えると「洗う表面積が小さい」というのは結構重要な課題になってくると思ふ。

「実際、こんなもん買っても使わへんで!これ以上、無駄な調理器具を増やしてどうすんねん!」と心に言い聞かしていた。
「10,000円以上もするのはお試しで買うにはちょっとな!」とも思ってた。
しかし、同じ様な機能を持つブラウンのMR400plusというのんが3,500円前後で売られているのを「発見」する。「発見」するって事はやっぱり探していたんだ(笑)
「結局俺はこんなんが欲しかったんや!これやったら毎日燃やしてるタバコをカートンで買うよりも安いやんけ!」という安直な購入動機も整い、Amazonでポチッとクリックしてしもた。

即、翌日に届いた。

「なんか試したいなぁ‥」と小鍋にお湯を沸かし、ほんだしを入れて納豆パックを放り込んだ。
スティックミキサーを突っ込み「ウィン、ウィ〜ン!」と回し、味噌を溶かした。
「うむ、極上に幸せな味の納豆汁ぢゃ♪」と実感しつつ、更に購入価格3,500円以上の実力を発揮してもらいたいものだと思いつつも「ややっ、まづはこやつに我が家の市民権をあたへねば!」と思った次第だ。

実は台所の棚には私以外が全く使わない「フードプロセッサー」「ジンギスカン鍋」「象印電気フライヤー」「安物パスタマシーン」「たこ焼きプレート」「iwatani炉端大将」「卓上炭火コンロ」などが鎮座しており、このスティックミキサーもこれらのラインナップに加わるのである。迷惑千万な話かもしれない。

てな訳でスーパーへ、バナナとプレーンヨーグルトと牛乳と蜂蜜を買い行った。

そして最近ダイエットに勤しんでいる年頃の娘達に「これはヘルシーでエエぞ♪」とバナジューを提供し、見事市民権を得た(笑)

というか、こいつは結構便利で現在も箱にしまわれる事もなく食器棚に常時待機している。
ジュース作りはもちろん、タレやドレッシングも超簡単にできるのでホンマ重宝している。
(玉ねぎドレッシング・ゴマドレ・マヨネーズ等‥たまらんぜよ♪)
つーか、なんでもっと早く買わなかったのだろうとも思う。

がっ、完全手造りカレー作りの為に購入したのに、その分野で活躍してないのは‥
やっぱ、市販のルーは超美味しいっ!てとこなんやなぁ‥。

はぁ‥。(でも諦めないぞっ!)
[PR]
by manun | 2012-07-25 00:50 | 電気製品

WINに優しくMACに厳しいapple

朝起きて時折後悔するのは「しまった、昨夜、ブログを書いてしまった‥」って事。
実は酔っぱらってないと意見を書けない小心者である(笑)

酔っぱらってる深夜の自分ってね、結構、恐ろしい。
思いつきでブログを書いてみたり、わけのわからん作詞や作曲をしてみたり‥。

「夜中に書いたラブレターは必ず朝に見直すべし」という言葉はかなり「的を射ている」と思う。
ま、それはエエとして‥(お約束で既に酔ってます‥)

随分過去の話だが私は真っ白な四つボタンのipodを使用していた。(容量15GB)

が、ある日突然「びっくりマーク(エクスクラメーション・ポイントとも言うらしい‥)」が出て起動しなくなったので当時、一番新しかったipod(容量80GB)に買い替えた。
c0009516_0494519.jpg
アップルユーザーが新たにアップル製品を購入するのだ。
そらなぁ、普通、商売における通念上、そこには「おぉ、再びよくぞアップルへ‥♪」という優遇措置が有るとアップルユーザーが期待するのが当たり前やん。(スーパーのポイントカードもそうやん‥)

がっ、しかし、新たに購入したipodは今までアップルがMACとipodの標準的な接続方式として採用していた「FireWire(IEEE 1394)」という接続方式を廃止して「USB2.0意外に接続不可」な仕様になっていたのである。(WINに迎合やんけっ!!)

ま、世の流れか‥と、泣く泣くUSB2.0増設ボードを改めて購入するハメにあったりするのである。(しかも更にOSもアップグレードせな使えへんし‥涙)

当然の事ながら、この当時のWIN-XPユーザーはそんなストレスも無く、普通にi-podを使用できた。

そして月日は流れ、近年、友人より「なんでMAC使いやのにWIN-mobileなん?ハハハハ!」と嘲笑を受けながらも使い続けてきたスマートフォン(ウィルコムのZERO-3)に「うむ。使えんっ‥」と、限界を感じ、いわゆるアップル系「i-phone4」というアイテムに手を出してしまった。

「俺の使ってるMAC-OSも、まぁまぁ新しいし‥」と、全く不安はなかった。がっ、しかし‥

契約当時、ソフトバンクのお店で説明を受けているとき「MACの対応OSは10.5以上となります。よろしいですか?」とのコメントに何の確証もなく「はい!」と答えた。
が、お家に帰ってみるとうちのOSは10.4だった(笑)

「そうか、ならば10.5のOSを購入しよう‥」と思い、ネットで探してみると今の時代はスタンダードOSが10.6(数千円)であり、既に過去の10.5はオークションにてプレミア価格(数万円)で販売されていた。

「なんや、ほな10.6やな‥」と購入しようと説明をみると「10.6はインテルMAC以外に対応していません」との事。
うちのMACはインテルちゃうし、って事は、えーっと、うーん‥
で、新しいMACを購入した(爆)
c0009516_0585265.jpg

結局、アドビのアプリも買い直し、20万円近くの出費となった(笑)
ちなみにWINの「ビスタ」や「セブン」ではない、古くからの「XPユーザ」は一切こんなトラブルに見舞われる事もなく、現時点でも何の問題も無く、快適にアップル製品を使用する事が出来る(笑)

くやしい(笑)
なんだか「その組織」に入ったか入っていないかで優遇度合いが違いすぎるやん!と感じざるを得ない(爆)

ま、普通は「くそっ、アップルめっ!うまいこと商売しやがって!」と怒りが込み上げてくる筈なのだが、実は意外にそんなことはなかった。

i-phone4は感動するくらい快適なユーザーインターフェースだし、新しいMACも処理速度が早い分、スイスイと仕事が捗る。

その最新技術の便利さを知らなかったのは、それを手に入れていなかったユーザーの判断であり、それを知るシステムとして常にアップグレードを推奨していく商売も「有り」なのかとも思えた。

しかし、話は変わり‥

今年の7月に地上アナログ放送は終わる。
ギリギリまでアナログ受信機を使っていたユーザーは改めて購入したデジタルテレビを見て「えっ、こんなに奇麗に映るの?」と驚くかもしれない。
でも、それは発展途上国に新しい文化が参入する驚きに似ている様な気がする。

先日、ケーブルTVヒストリーチャンネルの「いま、ニッポンに昭和力」って特集でソニーの井深大を支えた草創の技術者のコメントを見た。
その中でソニーが初めて開発したトランジスタラジオを手にしながらリアルに今放送されている番組を流しながら「このラジオね、電池以外交換していないんですよ」と語っていた。

誇らしげだった。
未だに使える耐久性と、それを誇りに思う技術者の姿が素敵だな!と思った。

経済や産業が活発化しないとヤバイと思われる「今」であるのは確かやと思うけど、トレンドに流される風潮に大切な物が一緒に流されてはいけないと思う。

でも、どーしたらエエって事もわからへん(笑)

やっぱ、大事なんは「哲学」なんかなぁ‥。
[PR]
by manun | 2011-02-19 02:41 | 電気製品

1インチ=1万円は遠い昔

私の部屋にはテレビが無い故、TV番組や映画をプロジェクターで観ていたのです。
プロジェクターのハロゲンランプ寿命は3,600時間。
「ランプ交換までは、まだまだ先の話だな‥」と思っていたのですが先日使用時間を確認すると2,600時間を経ている。(使用開始から四年近く使ってるもんなぁ‥)

って事は逆算すると二年もしない内に五万数千円するハロゲンランプを購入せねばならぬ事に。

昔は映画しか観ていなかったのに最近はくだらないバラエティー番組を多く観ているのに気づき「それやったら数十万時間の寿命がある、五万数千円の液晶テレビ買って映画観る時だけプロジェクターにしたらエエやん♪」と思い早速ネットで検索。

そして思いつきから二日後に届いたTVがこれ↓
c0009516_2337472.jpg

20インチ台のショボイTVしか買えないだろうと思っていたのですが、32インチで外付けハードディスクに録画も出来る、なかなかの優れものです。(東芝REGZA 32R1)

お値段は五万四千円弱。インチ換算すると1インチ=1690円程度。安くなったもんだなぁと実感です。
うちのHDDレコーダーは東芝なので双方のリンク機能も働き、結構便利♪(トリプル録画になったのが嬉しい♪)

地デジ化に向けて買い換えを検討されている方々、「買いたい時が買い換え時」って奴だと思いますよ!
[PR]
by manun | 2010-09-07 23:51 | 電気製品

原点はラジカセ?

隣の奥さんは月曜日も元気〜♪ラジカセは息子の命〜♪公園での無駄話が明日の予定〜♪
(東京パラダイスby村下孝蔵)


”ラジカセは息子の命”って、すごく言い当ててるなぁと思いました。

私がラジカセといふモノを生まれて初めて手にしたのは中学一年生になる寸前。
近くに住む父方叔母(裕福)から「○ーちゃん、中学の入学祝い何がイイ?万年筆?」と尋ねられた時、かなり予算オーバーになると分かりつつ、ダメもとで「らっ、ラジカセ‥汗」と言ったのがキッカケ。
当然、横にいた母親(貧乏)は「あんた、何言うてんのん!そんな高いもんアカンっ!」と、反対したけど「よろしいやん、ほな買いに行きましょ!」と近くの電気屋へ。

予想を反するプライスに目が点になっている叔母を横目で見つつ、一番安かった(20,600円)ナショナルのラジカセRQ542をGET!
店から帰ると母は何度も「すいません、ホントにすいません‥」と、こんな顔→(^o^;)になっている叔母に言っていた記憶がある。
が、しかし、私はそれ以上に感謝感激雨霰だった筈だ!
余りにも嬉しすぎて、未だに深く鮮明に記憶が残っており、今でも叔母を見ると”ラジカセを買ってくれた恩人”として心の中で合唱、いや、合掌している(ホントか?)

中学の入学祝いを買ってあげる機会がある叔父さん伯母さんは是非、子供の一番欲しい物を買ってあげましょう(老後の保険‥笑)

日々、パソコンの前で時間を費やす私ですが、当時は毎日ラジカセに囓り付いていました(ガリガリ‥)
そらもう、好きな音楽がレコードを買わなくても聴けるし、録音できるし、深夜放送聴けるし、それはそれは夢の箱であり、宝物でした。
きっと「息子の命」と歌った村下孝蔵もそうだったのかなぁ‥と思ったりします。

この箱から流れて来たBCRを聴いて洋楽が好きになり、QUEENを聴いて「ミュージシャンになりたいっ!」と思ったものでございます(爆)

76年から79年にかけては近くのイズミヤ電化製品コーナーに行ってはラジカセのカタログを漁りまくり、寺町の電化街に行ってはラジカセを盗み、いや、カタログを漁りまくりの日々でございました。わん。

で、後はオーディオにはまり込みラジカセには全く興味を示さなくなってしまう訳でございます。

が、先日、「ラジオ・ラジカセ博物館」というページを見つけ、思わず「なつかしーっ♪」と、そそられてしまい、一晩中見てしまいました(笑)


掲載されている方の世代が近いせいか、殆ど「あー、こんなんあったなぁ‥」みたいな懐かしさに浸れます。
ここに掲載されている中でも特に思い入れの深いラジカセをピックアップしてみました。

c0009516_2444528.jpg




●ナショナルRQ542
生まれて初めて手にしたラジカセ。
よー考えたらそんなに音は良くない筈ですが、夢の様な音色でした(笑)





c0009516_2455447.jpg
●ナショナルRS4250(マック)
近くの電気屋にあったステレオラジカセ。
斜めになったパネルに沢山のツマミが付いてるとこや、全体ブラックの色調、飾りのプロテクトバーのデザインにやられてしまいました。
が、買える訳ないし‥と半泣きで憧れてました(笑)




c0009516_247427.jpg
●日立TRK5240(パディスコ)
ブラックボディーにホワイトパネルとホワイトコーンが非常に格好良かった!
TVCMでは「そないにコーンは動かへんやろ‥」と突っ込みたくなるくらいスピーカーコーンが揺れていました。
中学当時、友達の家で生まれて初めて聴いたコンポがLO-Dのホワイトコーンだったので、その印象が良すぎたせいかもしれません(笑)


c0009516_2483176.jpg


●東芝RT2800(アクタスパラボラ)
集音ワイヤレスマイク+BCLも出来る上、計測器っ!みたいなデザインがバツグンでした!
「野球狂の詩」の水原勇気がイメージキャラやったはず。
しかし、これ以外の東芝ラジカセは全部ヘンなデザインでした(笑)








c0009516_2491614.jpg


●ソニーCF6600(ジルバップ)
少年雑誌の裏に広告がよく載っていて「高級オーディオみたいでカッコエエなぁ‥」と思ってました。






c0009516_2494566.jpg

●アイワTPR830(ステレオ830)
カセットデッキ並の周波数特性、PHONO端子付き等、性能では間違いなくトップクラスやったと思います。
デザインがもう少し良ければ‥(笑)






c0009516_2501662.jpg
●ビクターRC727(スペクテーター)
LED(発光ダイオード)のピークインジケーターを初めて搭載したラジカセでした。
ツイーターの音響レンズ擬きもなかなか‥笑えます!
ホール&オーツのX-STATICのジャケットはこの前の機種だった筈。





c0009516_2504168.jpg
●ビクターRC828(バイホニック)
二代目に買ったラジカセがこれ!
トータルバランスに優れてましたねん。
バイトでオーディオを買い揃えても最後までチューナーとして活躍してました(笑)




しかし後々オーディオに凝る様になると、レコードを鳴らして数分したら「なんか音が‥」と、あちこちいじくりたおしてしまい、音楽を聴いているのではなく、音を聞いているだけやん‥と思うようになりました。

時は過ぎ、ナショナルがパナソニックになり、CDラジカセを購入した際、「あ、ラジカセが一番気楽に音楽を楽しめるなぁ‥」と実感しました。だってそれ以上に音をいじり様がないし‥。

やっぱりラジカセは私にとって音楽の原点なのかもしれません(笑)
[PR]
by manun | 2007-05-08 03:00 | 電気製品

液晶プロジェクター

c0009516_21566.jpg
先日、「パチン」と言う音と共に液晶プロジェクターが永眠された。
本体に貼ってあるシールをみると「92製・7-12月期」と記載されている。
結婚直後に購入したから正味14年間も働いてくれた筈だ。
長期に渡り、AV、あ、いや、映画を上映してくれて感謝の念に堪えない。

「パチン」という音はハゲッ、いやハロゲンランプが切れた音だと思う。
ならばランプを交換すれば‥と思うが、このランプ一個4〜5万円はするはずだ。
一年半前程にコントラストがおかしくなり、修理に出したら4万円もかかってしまった。
ハゲッいや、ハロゲンランプの交換をするつもりなら新しいプロジェクターが買えるはずだ。

「抜け始めて思う‥髪は長い友達‥」そんなCMがあった筈だ。(ハゲにはこだわってない)
プロジェクターが動かないと大変に困るのである。

日々、ダラダラとPCの前で仕事をした後の唯一の楽しみはケーブルTVの映画鑑賞だ!

既に録画されているリュック & ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟の映画三本立てより「Drコートー診療所」の「新人看護婦の旦那ってどんな奴だ?」とか「シルバー仮面」の「夏純子が視力を失うなんて‥(涙)」の結末が非常に気になる‥。(愛しています‥夏純子♪)

ブラウン管テレビを置くスペースもないしぃ、液晶TVの大画面は高い‥。
それよりも何よりもスクリーンで見る映画は楽しい♪

コーナンにて1,500円で買ってきたボンボンベッドに寝ころび、スクリーンを見ながらビール片手に105円のラーメンおつまみに手を突っ込み「うっ、ピーナッツ多すぎ、ラーメンらーめん‥」と手探りしながら観る映画の格別さを知ってしまった以上、やっぱりプロジェクター以外はいやんっと決めているのだわ!

とりあえず価格ドットコムで検索してみるとBENQというメーカーが10万円以下でそこそこの液晶プロジェクターを販売していた。
慎重に適当に検討し、発注ボタンをクリック♪
なんと二日後にBENQプロジェクター(W100)が到着した(早っ!)

早速雨戸を閉めて投射♪
なにがビックリしたって、電化製品14年間の日進月歩‥

「ああああ、明るいっ!‥きっきっ、綺麗!」

そうなのだ。画質がキレイなのだ!
解像度が高くなっているからハッキリと解るのだ。入力画像の質が。

もっと解りやすく喩えてみると‥。

私は近視である。
飲食店等でテーブルを挟み、向かい合わせで女性と話をする際メガネを掛けている場合と掛けていない場合では細かいディテールの差が解ってしまうが故にお肌の具合等を「いけない‥イケナイ‥」と思いつつも知ってしまう事があるのだ。

14年前のプロジェクターはDVDであろうがチューナーから録画した映像であろうが長時間モードの低画質画像であろうが少しボケた感じで分け隔てなく映像を再現していた。(メガネ掛けてない状態)

がっ、しかし、この細かいとこまで表現してしまうプロジェクター、DVD等は「おおっ、まるで絵画を見ている様だ!」と美しく表現し、長時間モードの低画質になると「ううっ、微妙なノイズやギザギザが気になる‥」と正直に表現してくれるのだ。(メガネ掛けてる状態)

性能が上がりすぎる所以の不具合ってありますやん。
こんなとこにも出てしまうんですなぁ‥。

ま、ここは「慣れたら終い」という人間の環境適応能力に依存しております(笑)
[PR]
by manun | 2006-12-18 02:04 | 電気製品

ヒカル小町Di

c0009516_23731100.jpg
写真を撮る時、内蔵フラッシュを焚くというのはあまり好きくない。
なんでかっちゅーと、やはり世の中のお天道様は天空にあり、蛍光灯は天井にあるから、真っ正面から光りが当たる”影の付き方”は、なんとなく不自然と思うからでしょう。
たとえば裏面の白いチラシに鉛筆で丸を描いて、どの部分に「にゅにゅにゅーっ」と影を描くかによって、ただの丸は表情がガラリと変わるかの如く「影」の付き方というのは見た目の印象を結構変えてしまうと思うのだわさ。
c0009516_2374648.jpg
だからと言ってプロカメラマンさんが持っている傘の様な真上から当てるフラッシュや「ギュイーン」と音を立てて充電する機材を購入するのも素人な私にとっては”猫に小判”な訳であり、「自然はイイなぁ♪」と、自然光撮影に勤しむしか仕方なかったのである。(露出計も高いしぃ‥)
c0009516_2375770.jpg
そんな事を思いつつ、昨年末、五年選手で頑張ってくれたソニーDSC-F505Vの解像度に限界を感じ、オリンパスのSP-500UZを購入。三万円台の安いカメラなのにマニュアル撮影が出来るというのが大変気に入った。ふとメニューを見ると機能設定の中にフラッシュの項目があり「スレーブフラッシュ」という選択肢が目に付いた。
「なんじゃ?この失礼なネーミングは?」(全く無恥、いや、無知な私‥)この時、世の中にスレーブフラッシュというものが存在するのを初めて知ったのである。
c0009516_2381050.jpg
スレーブフラッシュとは内蔵フラッシュの発光を感知し、「あぁっ‥」と自分も発光してしまう健気なフラッシュだ。勿論、カメラ好きの友達に「お前そんな事もしらんかったんけ?」と馬鹿にされたのは内緒だ。早速、ネットで”スレーブフラッシュ”を検索してみたところ「ヒカル小町Di」という怪しいフラッシュを発見した。
ガイドナンバー13相当で普通のコンパクトカメラ&充電電池にも対応しており価格も数千円。「使い物にならん‥」という場合の諦めもつきやすい(笑)
c0009516_2382293.jpg
但し「あぁっ‥」と光ってしまう健気な性格を悪用してはならない。(そんなサイトがあった)
車の運転席に設置し、オービスの赤外線フラッシュに対して発光・露出オーバーさせて検挙を逃れるというものだ。警察をなめてはいけない。検挙されてる人がいます。やめましょう。
c0009516_2383489.jpg
購入した「ヒカル小町Di」二台をいろんな位置で発光させてみる。光の当たる角度で様々な写り方をする。なかなか楽しい♪しかしながら光量を微妙に調節できないのが難点だ。
c0009516_2384978.jpg
先日、食べ物撮影をする機会があったので早速使ってみた。
プロカメラマンのケンちゃんが「光源をやや後から当て、前に影が出来る様な感じで撮ると食い物は美味しそうな顔になるんだぜ!」と言ってたので試してみた。
c0009516_239336.jpg
撮影時間は大抵、夕方前の空腹時だ。
美味しそうだ。ずるずる‥。
料理は空腹状態で作るほうが美味しく出来上がるという話を聞いた事があるのに通じる。ずるずる‥。
家に帰ってこの画像の色補正をする頃は空腹の限界だ‥。
我慢できずに家を飛び出し、近所の王将で「宝ヶ池定食」を食べるのは、なかなか虚しいものである(笑)
[PR]
by manun | 2006-04-04 03:05 | 電気製品

i-pod

c0009516_1211620.jpg昨日、円町の印刷屋さんに、極めて軽装な身成で電池式折りたたみ自転車を飛ばしながら印刷物を取りに行く途中、とても同年代とは思えない緑色の派手なオヂサンと出くわしたら、やっぱりJUNさんでした。
二人とも白いヘッドホンを耳に付けながら「いやぁー、お互いに仕事してる風には見えないなぁ!」と言いつつ、JUNさんのi-podMINIを確認すると、しっかり緑色でした。
(ホンマ緑が好きなのね)

実は昔、密かにバカにしていた電気製品にHDDレコーダーとi-podがありました。

HDDレコーダーが登場した時は「何十時間録画できるのがどないやねん!」
i-podの時は「何千曲聴けるのがどないやねん!」
みたいな‥。

で、最近画期的やなぁと思うと言うか、恩恵を受けている電気製品がHDDレコーダー&i-pod‥(^_^;)

電化製品のチラシを見ても録画機器がVTRからHDDレコーダーに移行していたり、MP3プレーヤーが片隅からメインステージに上がっていたりする傾向を見ると、「ひょひょひょっ‥」と、くすぐられる様な美味しいポイントを突いているのかなぁと思います。

能書きと実感って違うんですよね。
実際、上記二点は使って初めて「うわぁーっ、無茶苦茶便利♪」と思ってしまいました。

HDDレコーダーは月初にWOWOWの観たい映画を一ヶ月分まとめて入れておけば勝手に録画してくれているし、i-podはアルバムを何百枚入れられる事は基より、歌詞のテキストファイルをドラッグするだけで歌詞を見ながら聴けるのが有り難いどすなぁ(課題曲覚えるのに便利なんよ!)

やっぱ、キーポイントは「楽できる♪」なんでしょうね。
あ、私が不精者なだけでした!失礼m(__)m

楽できた分、時間は有効に使いましょう(っーか、仕事しろよ!おいっ!)
してるって‥(T_T)b
[PR]
by manun | 2005-06-12 02:10 | 電気製品

フラッシュ光

c0009516_03914.jpg
あ、”フラッシュ光”と言ってもQYUEEN2ボーカリストの事ではありません。(知らんちゅーねん!)
車内に常備している懐中電灯の事です。

以前は豆球(タングステン)仕様の懐中電灯を使っていたのですが温度差の激しい車内では”いざっ!”というときに、いつも電池切れ(T_T)

数年前、ホームセンターにてLEDライトのお手頃タイプを見つけて以来、こいつを愛用しています。
消費電力が少ない故、夜中に車中で譜面を見ながら延々と一人コンサート(練習やっちゅーねん!)してても大丈夫。24時間くらいは連続点灯可能です。(W=V*I)

でも最近、チラチラと明かりが不安定。
普段は大雑把なO型ですが、気になりだすと、いてもたってもいられない。

確か電池は換えたはずやなぁ‥。接触不良かなぁ‥と、マグライトのアセンブリーを分解してスイッチ部分等を全て無水アルコールで拭いても症状は変わらず。

「おかしいなぁ‥」
振ると不安定。

小一時間ほど散々悩んだ挙げ句、振ってカタカタと可動する部分って‥、電池? と、電池本体の電極をアルコールで拭いたら復帰しました。

「アホみたい‥」と思いましたが、よくよく考えてみると以前にも同じ様な事が‥。

MDウォークマンの充電が不安定になり、充電器の接点等を拭いてもなおらず、本体の充電電池を取り出してみると接点が粉を吹いていました。(ヤスリで削って復帰)

もうちょっとで”買い換え”になるところだったLEDマグライトは再び活躍しています。

しばらく使っていない”電地系で可動する電気製品”の調子がおかしい時は、電池自体を疑うのも解決策になる時もありますよん♪

PS:電気系の学校に行っていたはずなのに、オームの法則ぐらいしか解らない自分が悲しい‥(;_;)
[PR]
by manun | 2005-01-21 00:40 | 電気製品

あ〜あ。買っちゃったよ。

c0009516_402696.jpg
イルミネーションツアーの画像を見て「んん、画質悪いっ‥」と思い、気がついたらDIMAGEx31を手にしておりましてん。

普段はDSC-F505Vをメインに使っています。
四年前の古いデジカメですが、レンズは明るいし、シャッタースピード、絞りもマニュアルで調整できるし、超お気に入りです。

が、でかすぎ!しかもバッテリーが弱ってて、すぐに電池切れ。(買えよ!)

ちっちゃいカメラ欲しかったんですわ。
ある意味、ミニカメラには敬意を抱いています。

昔、オリンパスのOM-2を使っていた頃に花博に出かけました。
当時の彼女と初デートということもあり「写真撮らねば!」と思いつつ、一眼レフをぶら下げてデートもなぁ‥とも思い、”オモチャカメラ”と小馬鹿にしていた”写るんです”を初めて購入しましてん。
”ピント合わせなくていい”・”露出も気にしなくていい”・”胸ポケットに入る”の使い勝手の良さに感動して以来、ミニカメラの価値はMYランキング上位です。
(即、KonicaBIGmini買っちゃったもんねぇ)

ブレンダフルワールド・PHOTO BBSの”冬の散歩道”の写真を見て思いました。
「あ、カメラ持って行こう」と、”鞄にほりこめる手軽さ”がないと、こんな素敵な写真は撮れないなぁ‥なんてね。

こやつを選んでしまった理由は‥
・非常にコンパクト(一番大事ねっ!)
・乾電池が使える(実は非常に便利)
・このサイズで9群10枚構成のレンズ(針穴レンズとちゃうねん)
・KonicaBIGminiの好印象(信じる者は騙される)
等々でございます。
(でもホントはプリズムを使って縦方向にズームをするという画期的な発想の面白さかも‥)

でも、鞄に入れ忘れてシャッターチャンスを逃す”あやうい人格”を忘れてはなりませんなぁ‥。
ほっほっほ。
[PR]
by manun | 2004-12-18 04:54 | 電気製品