無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

ノスタルジックスバンド

c0009516_14462613.jpg
ノスタルジックスバンドというバンドがございます。
わたくし、そのバンドに所属を致しております。
ふと、気付けば七年近くも在籍しております。
結成から七年目なので、結構当初よりおったのだと改めて感じておる次第でございます。

元々は左京区の小学校のバザーの催し物で結成された即席バンドでございました。
久しぶりに楽器を持ってしまったお父さん達はハートに火が点いてしまった訳でございます。
一発で終わらせるには勿体ないオバケでございます。
カフェ等でミニライブを行いつつ、動員数が増えるに従い活動拠点は宝ヶ池ホンキートンクに移行したのでございます。

わたくし、結成当時、このバンドの存在すら知りませんでした。
しかし、大変大柄で温厚そうなお父さんが娘の通う保育園に来ておられたのは覚えておりました。

ある日、嫁が「保育園生活発表会でお父さんミニバンドやるらしい」と漏らしました。
あたしゃバンドすらした事はなかったですが、友達の結婚式でデュオをご披露するのは人生の楽しみでもございました。
が、友人達も結婚し尽くしてしまい、出番はとうの昔に無くなってしまっていた訳でございます。

だから‥「へぇ‥エエなぁ‥」と漏らしてしまったのでございます。
この「エエなぁ‥」というため息は大柄で温厚そうなお父さんに伝わりました。

数日後、「お父さんバンドのリーダーの人が一緒にやりましょう!と言ってはる‥」と聞きました。
「えっ、そんなん、バンドなんてやった事ないし、おれ、レベル低いしぃ‥」と言いつつ、既に私は打ち合わせをするという事務所に軽い足取りで向かっておりました。恐らく足取りのステップは「ルンルン」だったのだと思われます。

事務所には大柄で温厚そうなお父さんとライオン丸の様なお父さんがおられました。
大柄で温厚そうなお父さんがノスタルジックスバンドのバンマスであるサリーさんでございました。
ライオン丸の様なお父さんは「PAのセッティングはこうで‥」等、音楽系に詳しそうな感じでございまして、思わず「失礼ですが、なんの仕事をされているのですか?」と問うたところ「あ、どうもどうも、こんな仕事してます!」と渡された名刺には”RAGインターナショナルミュージック代表取締役”と書いてございました。「知ってはります?」と聞かれ「えーっと、FM京都でCMかかってますよね‥ハハハ‥」と誤魔化してしまった次第でございます。当時は全く知りませんでした。はははは‥。ごめんね!

出会いというのは全くミラクルでございます。
「あ〜の〜日、あ〜の〜時、あ〜の〜場所で エエなぁ‥と言わなかったぁったらぁ〜♪」(字余り)今の生活環境は違った様な気がする次第でございます。

保育園の催しも無事に済み、後にノスタルジックスバンドに誘われ、現在に至る訳でございます。

わたくしはこのノスタルジックスバンドに所属する事により、「ハイコードって必要なんだ‥」とか「ギターアンプってこんなツマミが付いているのか‥」とか「リズムセクションが大事というのはこういう事か‥」等の多くを学んだのでございます。
またバンマスの20年来の友人であるブレンダ嬢とも知り合い、波瀾万丈の楽しい音楽生活が始まったのでございました(笑)

ノスタルジックスバンドは決して「すげぇっ!」という様な上手いバンドではござりません。(楽器やるの初めて‥も多い‥)
が‥、七年も続いているのには訳があるのでございます。

スキーの上手な者同士が集まり、難易度の高いコースを競い合うのも楽しいスキーですし、初心者同士がシュテムボーゲンでギャァギャァ言いながらゲレンデを転げ回るのも楽しいスキーです。
どちらかと言えば後者の楽しさですが、そんな楽しさが七年間続いた秘訣ではないかと思う次第でございます。

で、稀に「ノスタルっていつライブやってんねんっ?」と問われる事がございます。
決して秘密にしている訳ではございません。
告知する場が整っていなかっただけでございます。

と、言う訳で「ノスタルジックスバンドのブログ」が出来ました。

よろしければ又見て来てくださいましぃ♪
[PR]
by manun | 2007-04-12 14:51 | 音楽