無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

香りと温度

c0009516_022891.jpg
コーヒーってのは嗜好品故に好みが分かれますが、私はこの”きくのIFCコーヒーやわらかブレンド”が結構好きですね。

昨年末、RAGパパと酔っぱらいながらコーヒー談義をしていまして、”コーヒー豆は「高いイコール旨い」とは限らない”という意見で合致しました。

この豆を知ったきっかけは、実家で、「安いコーヒやけど、持って帰るか?」と貰ったのが最初。(400g四百五十円くらいかな‥)
「えっ、安いのはまずいで‥」とか言いながら飲んでみると結構旨い!

パッケージを読んでみるとコーヒーの鮮度を維持するために冷蔵販売にこだわってるみたいです。
このコーヒーを売っているスーパーに行くと常温でコーヒー豆が陳列されている棚とは別の保冷機に入れられて売っています。
故に扱っている店舗も少ない‥。(場所とるやん)

でも理屈は合ってますよね。温度が高いほど香りは早く飛んでしまいますやん。
年に数回しか使わない山椒なんて次に使う時には香りがしなかったりするので、我が家では”頻繁に使わない香辛料”は全てフリーザーに入れてあります。長持ちしまっせ!(酸化も少しは防げる)

酸味がなく、まろやかで、入れたては、かすかにフルーティーな風味がします。
嗜好品故、好みは分かれますが「こんな安いコーヒーまずいに決まってるやん」という先入観で無視されていると勿体ないなぁと思い掲載してみました。
見かけたらお試しあれ!
[PR]
by manun | 2005-02-04 01:33 | たべもの