無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

スパリゾート雄琴「あがりゃんせ」<サウナ編>

思ったよりコメントの反応があったのでビックリしました。
しかも新聞チラシは京都まで回ってなかってみたいやし…(すまそ)

てなわけで、もうちょい紹介どす。

あたしゃ、この仕事に関わるまでサウナの入り方知りませんでした。
ここのコンサルが日本を代表する「サウナ王」でございまして、正しい入り方というのを初めて聞きました。

正しい入り方を要約すると…

・シャワーを浴びて体を拭く
・体調に合わせて8~12分サウナに入る
・シャワーで汗を流す
・1~2分水風呂に入る
・体を拭いて露天で5分ほど外気浴する

これを1クールとして3クール繰り返した後、体を洗い、最後に1クールサウナ浴する。

この入り方をすれば「必ずサウナにハマるっ!」と言われ、「うそ〜っ」と思いつつ試してみまして、見事にはまりました(T_T)b
めっちゃ気持ちエエ♪
お試しくだされ♪

c0009516_1121727.jpg■高温サウナ
この画像は女性用高温サウナで男性用はこれの倍近くあります。でかい♪
この中で「ロウリュ」というサービスが展開されます。
「あちぃ〜なぁ〜」とサウナ室で座っていますとロウリュスタッフが入って来まして「今からロウリュを始めます♪」とお客さんに挨拶&説明をします。
要はサウナストーブにアロマ水をかけて大量の水蒸気を発生させ、でかーいウチワでユッサユッサと蒸気を室内に循環させ、体感温度を上げる事で更に発汗を促すというサービスです。(今回はユーカリの香りでした。檜ににてるなぁ…)
どわーっと水蒸気が上がるかと思ったら何にも出ないんですね。
そりゃ、そーだ。サウナ室の室温は90℃。よく考えてみれば水蒸気が見える温度ではございませんでした(^^;

c0009516_1125241.jpg■陶盤浴
いわゆる最近流行っている岩盤浴の信楽焼バージョンです。
スローな温かさでじんわりと汗をかくサウナですね。
信楽焼にこだわったのは滋賀県特産である事と「遠赤外線効果」・「癒し効果」をプラスαする為との事。
「あー、気持ちイイし、一時間くらい寝てたわ!」とおっちゃんが言ってました。
陶盤焼きにならない様に気をつけましょう(笑

c0009516_1131783.jpg■塩サウナ
これは女風呂にしかないサービスです。
この真ん中の山盛り塩を体にこすりつけて入るサウナです。
お肌にイイとか、身が引き締まるとか、老廃物を洗い流してくれるとか言われていますが「男故」試せませんでした。だれか入られましたら効果をば教えてちょんまげ!

c0009516_1133947.jpg■水風呂
サウナには水風呂との事。こだわりの水深1.5m。
知りませんでした。そんな深い関係だったとは…。
設定温度は16℃。サウナマニアには嬉しいらしい…。
しかし、私は5秒も入れませんでした。
修行が足りないようです。頑張ります。(頑張らなくてエエっちゅーに)

この他、ミストサウナもありました。

とにかくサウナに入って水風呂に一瞬浸かり、露天の畳休み処で寝ころぶと非常に気持ちがイイ。
てな訳でサウナレポートでした。

サウナ…なかなかエエぞっ♪
(但し、飲酒後・体調不良のサウナは絶対禁止ですぜ!)
[PR]
by manun | 2005-11-19 01:14 | レポート