無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

手作りカレー‥涙

GABANのカレーパウダーは美味しい♪
S&Bカレー粉の風味に慣れしまっているので他社のスパイス配合が新鮮な驚きに感じられるのかもしれない。(GABANの配合がエエのかも‥♪)
どんべいに入れればカレーうどんになり、カップヌードルに入れればカレーヌードルになるし、おでんに入れればカレーおでんだ!(あたりまえか‥)

こんなに美味しいと市販のルーを使わずにカレーを作りたくなるが美味しく作るには手間がかかる。

市販のルーには旨味成分がたっぷりと含まれているから「水+野菜+肉」と合わせるだけで美味しいカレーが出来るが手作りルーは小麦粉とスパイスのみの味だからそれ以外が特別に美味しくないとだめだ。

考えるだけで邪魔くさい。
でも作りたい。
でも邪魔くさい。

でも作りたいと思ったので鶏ガラを買いに行った。

お湯を沸かし鶏ガラを軽く茹でる。
お湯をすててガラを水洗いする。
内臓系の部分を指でグリグリとほじくり綺麗にする。
死体処理の様だ。いや、死体処理だ(笑)
だんだん気持ち悪くなってくる。私は調理師には向いていないようだ。

再びお湯を沸かしガラを入れ生姜とニンジンとニンニクを塊で投入し、グツグツ煮る。
煮ている間にスライス玉ねぎを中火から弱火で一時間ほど炒める。
ガラスープは二時間ほど煮るとエエ感じに仕上がる。

ガラスープを少々圧力鍋に入れ、みじん切りにしたキャベツの芯+ニンジン+ピーマン+椎茸を投入しグツグツ煮る。
煮えたものをミキサーにかけてペースト状にして元の鶏ガラスープと混ぜ合わせる。
この時点でかなり美味しいスープとなる。

奮発して買った黒毛和牛を片面焦げ目がつくくらいに焼いてガラスープに入れて煮る。
牛脂の残ったフライパンでマッシュルームを炒め、スープに投入する。
この時点で味見すると和牛肉の旨味脂味が追加され、足が引きつるくらい美味しいスープになっている。
あまりの美味しさに「カレー屋に転業しようか?」と思う。
死体処理はイヤでも調理人になろうかと迷ってしまう。

乱切りにしたニンジン・じゃがいもを投入し、ルーの準備にかかる。

飴色寸前に炒めた玉ねぎを温め、小麦粉を入れ混ぜ合わせ炒める。
「うっ、底が焦げ付いてきよる。でもちゃんと炒めないと粉っぽくなるし‥」
焦りながらカレーパウダーを追加して炒める。

ルーにガラスープを少しずつ足して延ばしていく。
延ばしたルーをスープに投入!あとは味の調整だ!

味見をする。
「ん?なんだこの後味は?」
致命的な失敗、ルーを焦がしてしまったらしい。(漆に蟹だ)
あんなに美味しかったスープが、どうしようもない味になってしまった(涙)
「四時間もかかったのに‥」とガックリ肩を落とす。

あまりにも悲しかったのでブログに投稿してみる。
「やっぱり調理人には向いてねーなっ!」とつくづく思う(笑‥ちごた‥号泣)
[PR]
by manun | 2011-12-21 19:29 | たべもの