無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

石田食堂のラーメン

早朝、どうしてもラーメンが食べたくなる時がある。

明け方まで飲んだ帰り道、あるいは突然早起きしてしまった場合等‥。

午前五時までなら「ラーメン横綱」が開いてるので良いのだが、午前五時〜午前十一時までは「お店でラーメンが食べられないゾーン」に突入する。
手に入らないとなると「どーしても手に入れたい!」と思ってしまうのは悲しい性なのかもしれない。
コンビニや24時間営業のフレスコなどでラーメンを買ってきて作って食べるのとはちょっと違う。

などと考えていた時「ん?そういえば港町では漁師相手に朝ラーメンがあったりすると聞いたなぁ‥」と思った。
京都で早朝のお仕事と言えば中央市場か?
早速、ネットで「中央市場 ラーメン」と検索したところ「石田食堂」がヒットした。
そういえば魔法のレストランで見たことのある店だ。

営業時間は朝六時〜昼一時まで。
「ここなら喰えるぜ!」と京都中央市場まで車を走らせた。いや、営業時間帯から考えて、今食べに行かなかったら一生食べる事はないだろうと思ったからだ(笑)

店内は昭和レトロな雰囲気。朝七時過ぎだが市場帰りのおっちゃん達がビールを飲みながら賑わっている。

カレーや焼き飯も旨いとの事なので「カレー半 ラーメン」のセットをオーダー。
が、「すいません、カレーまだ温まってないんで‥」と言われた。
「じゃ、ラーメンだけで‥」と言うと「焼半ならすぐできますけど」との事。厨房からはカシャカシャとフライパンを振る音がしている。
「じゃ、焼半とラーメンで‥」

焼半(焼き飯半分)は直ぐに出てきた。
c0009516_16243139.jpg

刻みチャーシューとご飯をタレで炒めたシンプルな焼き飯にネギと紅生姜がのっている。

これがまた絶妙に美味かった!
ラーメン屋のチャーハンとおかんの焼き飯のエエとこ取りみたいな感じである。

あっという間に完食し、しばらくするとラーメン登場!
c0009516_16311536.jpg

薄い醤油ベースのあっさりスープに小さなチャーシューが五枚ほどとネギのみ、麺はスポンジ系細麺のシンプルなラーメンである。

食べて一瞬、「薄い?」と思った。が、しかし、じんわりと塩味が効いてくる。
「アベックラーメンに近いかも‥」と思っていると鰹節系の美味しい香りが広がる。
「んん?こっ、これは侮れないぞ‥」と箸が進む。
わずかにとろみを感じるスープには鶏ガラのゼラチン質が多数溶け込んでいると思える。
麺とスープの相性も抜群で、シンプルな味わいのチャーシューも良いアクセントとなっている。
あっさりと優しい味でありながらも濃厚な味わいのある不思議なスープだった。

ミシュランガイドに掲載されている「祇園ささ木」の大将も仕入れの帰りについ食べてしまうらしい。

まったく余談だが、美味しいと思えるラーメンを食べたあと「死ぬほど喉が渇く」という症状に襲われる事も多い。(天一とか山さんとか彩華とか‥)
トッピングにタレを入れたり味噌を入れたりするのも原因だが、デフォルトの状態で尋常でない塩分が含まれているからでもあろう。
「美味しさの為なら塩分濃度なんか関係あるかぃ!」という気質は好きである。
ここのラーメンも「喉渇き系」である。

篠田屋の中華そばより美味しいかも‥♪である(笑)
[PR]
by manun | 2010-10-28 16:55 | たべもの