無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

中国料理 華祥

以前、食べログにて左京の美味しそうなお店を探している時、「華祥」という評判の良い店舗を見つけた。
庶民的な価格で美味しい中華料理が食べられるとの事。

そんな話をじもぴーな友人にしてみたところ「えっ、あそこラーメン屋ちゃうん?俺、ラーメンしかメニューになかった気がする‥」との事。
じゃ、当初はラーメン屋で、後々メニューを増やしたのだろうか?などと考えつつ、ラーメンは結構美味しかったとの話も信じつつ、数週間前に現地(百万遍北)へ向かうと入口の看板はあるのに二階へ上がると店が無い!

「う〜ん、あないな人気店でも閉店に追い込まれてしまうのか‥」などと世の厳しさを感じたりしていた。

がっ、しかし、諜報部員KO嬢から「里の前を北に行ったところに華祥の看板を見た!移転したのでは?」という貴重な情報を入手。
早速、本日のお昼ご飯を頂きに参ろうぞ、と向かってみた。

里の前交差点北東角を数歩あるいた東側に「中国料理 華祥」の看板を発見。
最近出来たばかりと言わんばかりのピカピカの店舗である。ドアも新品だ。
営業しているのかな?と中を見るとお客さんは入っている。
「よっしゃ!」とドアを引くと動かない。押しても動かない。入口が違うのか?と思いつつ、もしや?とスライドさせたら動いた(恥ずかし‥笑)

店内一階は十席ほどの黒いカウンターを基調とした上品な作りだ。
二階にはテーブル席があるらしい。
ランチ限定メニューだったので掲載されているメニュー品数は少なかったが「町の中華屋さん」という感じではなく「ホテルの中国料理店」って感じだ。
麺類を見ても「中華そば(並)」等の表記はなく、鶏ネギ中華そば650円がデフォルトの様だ。
どうやらラーメン専門店ではなかった様だ(笑)

で、早速、鶏ネギ中華そばをオーダー。
c0009516_17384362.jpg

スープは雑味の無い上品な透明鶏ガラ醤油スープ。刻み青ネギが若干浮かんでいる。
麺は中太の、やや透明感のあるツルツル系だ。
その上に白髪ネギと塩ゆで鶏肉を香味油で和えた具材がトッピングされている。

白髪ネギと香味油のハーモニーを邪魔しない清らかなスープと麺の食感は絶妙な具合だ。
「鶏が嫌いだ!ネギが嫌いだ!」という方々はこの味が楽しめないのだなぁ‥などと考えながら楽しませて頂いた(笑)
しかし、動物臭いラーメンが食べたかった私としては「中国料理店に来てラーメンをオーダーしてしもた!」って感じだったのでラーメンをメインとして来店するとインパクトは少ないかもしれない。(逆に上品なラーメンを好む方には良いかも‥)
やはりここは夜に来て単品料理を貪りながらビールを喰らうというのが正しいのかもしれないと結論づけた。

よくよく調べてみると、ここの店主は中国料理人陳建民・黄昌泉の元で修行し、数々の有名ホテルの料理長をこなした後、独立開業された叩き上げの方らしく、様々な賞も頂いておられる様だ。

って事は、夜は予約でいっぱいなのかもしれないなぁ‥。
いやいや、是非とも今度は夜に行ってみよう♪
[PR]
by manun | 2010-09-13 18:02 | たべもの