無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

素朴で美味しい中華そば(末広)

最近、いわゆる「中華そば専門店」ではない食堂系(うどん系・中華料理系含む)の中華そばが美味しいと思う…。

若かりし頃は「天下一品こってりを越えるラーメンは存在しない!」と確信を持っていたのだが、最近はさっぱりとした味わいの薄口醤油系ラーメンも「有り!」と思える様になってきた。
お年頃なのかもしれない(涙)
いや、最近新出する「ラーメン専門店」は味が似通ってきているから楽しくないのかもしれない。

食堂系ラーメンは侮れない。
「たかばしラーメン第一旭」も元々は「旭食堂」と言う一般的な食堂であったのだが、ラーメンばかりが売れるのでラーメン専門店に衣替えしたとの話だ。

京都では「千成」とか「大力」という、ラーメンとは無縁なうどん&おはぎ系飲食店が多く存在するが、そんな中でも結構美味しいラーメンを提供する店が希に有ると思う。(ちゃんと鶏ガラを炊いてスープを取ってる店も多い)

本来であれば三条京阪にある「篠田屋」を紹介したいところだが、まずは北区にある「末広」を紹介したい。
c0009516_2451368.jpg


某こってりラーメンチェーン店の本部事務所の真正面にあるお店で、その和蕎麦な雰囲気の佇まいから中華そばを扱っているなどとは想像も出来ないのであるが、ここのラーメンは結構美味しい。

c0009516_2514491.jpg

画像がぶれぶれなのはお許し頂きたい(笑)

麺の形状は一般的な中太系のストレートで、食感としてはコシはあるがスポンジ系の柔らかさも兼ね備えており、味覚的にはクセがなく、且つ、味わいのある麺である。
スープは鶏ガラ系の濃口醤油をベースとした深い風味があり、油分少なめのさっぱり系の味わいである。
ラーメンスープは焼豚を煮た醤油をスープで割るのが一般的なセオリーであり、焼豚を煮る醤油に砂糖を加えるとスープに甘さが出てしまうのであるが、ここのスープは妙な甘さが無いのが嬉しい。
やや新福菜館に近い様な雰囲気であるが、味的には、これまた別物である。

トッピングは焼豚、ネギ、メンマ、カマボコである。
うどん屋系だからカマボコをついでに乗せているのかとも思うが「カマボコが乗っている」という風情が、なんとなく昔の中華そばを演出している思いつつ、そのお店の歴史を感じてしまったりするのである。
また、デフォルトでS&Bコショーが乗っかったまんま出てくる食堂的な雰囲気も良しである。

このような稚拙な解説で本来の味が伝えられないのは十分承知なのだが「んんっ、結構、うまいやん!また来てみよう!」と思ってしまったのでUPしました。

機会があればお試しくだされ。
[PR]
by manun | 2010-07-26 03:39 | たべもの