無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

紅華のカレーラーメン

c0009516_233636.jpg
「旨いカレーラーメンを出す店がないなぁ‥」とぼやきつつ、「カレーうどんの有名な店は沢山あるのに、なんでやねん!」と突っ込みたい昨今。
特別にカレーラーメンが好きっ!と、いう訳ではないのですが、販売している店が少ないだけに飲食店に入った時、メニューに”カレーラーメン”が載っているとチェックしてしまいます。

でもね、店の雰囲気からしてラーメンにレトルトのカレーをかけた様な物を出しそうなところは遠慮してしまいます。(私の中で、それは‥超反則技!)

二年ほど前、夜中の二時くらいに北区大宮の商店街を「お腹減ったしなんか食べようか?」と美しい友達と共に見つけたのが”中華料理紅華”でした。
入ってメニューを見ると”カレーラーメン”の文字が‥。
そのお友達もカレーラーメンが大好きで「ここのラーメンあっさり醤油系ぽいし、もしかしたら‥本格的なカレーラーメンが出てくるかもしれへんで!」と興奮気味。
「よっしゃ!ルーのかかった奴でも食べれん事はないし、チャレンジしようぜ!」と注文して出てきたのが上記画像のカレーラーメンでございました。

お味は言うまでもありません。超激的に旨い!
割とスッキリとした鶏ガラ系醤油ベースのスープに、香り高いカレースパイス風味が十分に効いている半透明のカレースープは、下手なカレー専門店よりも味がしっかり、バッチリ!
ややトロミのあるカレースープが上手に絡まる中細麺はカレー風味を最大限に生かすかの如く、クセなくマッチしており絶妙!
「なぜ、もやしとワカメが入っているねん?」と疑問を抱きつつ食すトッピング(具材)は、まるで計算されたかの如く、心地よい食感と風味を奏でだし、「そうか、そうか、うんうん‥」と妙に納得してしまい、その存在が少なくなるに連れて寂しい想いすら感じさせます。
辛さのレベルからいうと市販のカレールー”辛口”に近いものがありますが、汗をかきつつもハフハフと完食してしまう事、間違いなし!
「御馳走さま!」と店舗を出た時、店先の黄色のぼりに”カレーラーメン”と大きく書かれているのを見て「なんや主力商品なんやん!」と思わず納得!

と、ここまで書くと上げ過ぎやなぁ。「まぁ、普通に美味しいカレーラーメンです」と落としておきましょう。

でもね、”思い出すと食べたくなる中毒”にかかっている人を数人知ってます。

北区玄井通大宮の交差点を50mほど上がった西側にありますぜ。(木曜休み)
お試しあれ♪
[PR]
by manun | 2005-03-17 03:26 | たべもの