無言は多様

manun.exblog.jp
ブログトップ

日清焼きそば

I'm drunk now(^^;)

インスタント乾麺の「日清焼きそば」って美味しい♪
今日、ビブレで発作的に購入してしまった。

明日の朝、食べよう!

作り方は簡単。

やかんでお湯を沸かしつつ、小ぶりなフライパンで目玉焼きを作る。
それを別皿に移す。

空の小ぶりなフライパンに細かく刻んだキャベツと肉類(牛・豚・ハム・ソーセージ等の有り物)を刻んで投入。(UFOの乾燥具材をイメージ)
混ぜない、動かさない。
野菜や肉の焦げ目は旨味になるから。
が、野菜や肉が黒く焦げるのはNG!
塩コショウとウスターソースで少し味付け。

投入具材が少しだけ茶色く焦げたらやかんのお湯をやや少な目に注ぎ乾麺を投入!
水分の蒸発具合と麺の仕上がりを調整しながらやかんのお湯をつぎ足す。
麺がエエ具合に仕上がってきたらソースの粉を投入!
ちょっとソースが焦げるくらいまで加熱(^^)/

附属の青のりをふって別皿の目玉焼きをのせて、その別皿に全体をスライドon!

先々日はチキンラーメンを衝動買いしてしまい、刻みネギとS&Bコショウと梅干し2個をトッピングして堪能しました。

一袋35円の時からの付き合いや、日清食品!(製粉ちゃうで!)

これからもアリガトウ♪
c0009516_744394.jpg

翌朝の画像(^^;)
[PR]
# by manun | 2015-11-02 23:40 | たべもの

塩豚カレー(タモリ流)

塩豚(豚バラブロックに塩をすり込み3〜4日冷蔵庫で寝かせる)を使ったカレーをタモリ流で作ってみた。
今回はレシピに忠実ではなく、俺流の構想に基づきアレンジしつつも適当に作ってみた。
もし、劇的に美味かったら超カレーフェチのJ-keyさんに「どやっ?!」と提出するつもりだったが、普通に美味しかったのでやめた。(そやけど市販のカレールーで作るより美味しかったで!)
料理って難しい。音楽も難しい。デザインも難しい。
あ、そやし楽しいのか♪
c0009516_294926.jpg

[PR]
# by manun | 2015-05-28 02:10

タモリカレー作ってみた!

先日のヨルタモリにて草彅君がタモリカレーを絶賛していたので作ってみた。
(レシピはネットにあふれてます!)

めっちゃ美味しかった!ヘタなカレー専門店より美味しい!
材料も少なく、コストも安い。
と、言うか、今まで鶏ガラやスパイスを揃え長時間の玉ねぎ炒めで作ってきた俺様オリジナルカレーとはいったい何だったのか?と愕然としてしまった。

ブイヨンを使わずに出るこのコクはトマト・鶏・チーズの旨味からだろう。
何しろ市販の炒め玉ねぎを使うというのが楽だ!
作る時のポイントは二時間弱火で煮詰める中で水分を半分以上飛ばして、丁度良い濃度に仕上げるところだと思った。
c0009516_1628347.jpg

是非、お試し下され♪
[PR]
# by manun | 2015-05-12 16:32 | たべもの

アベックラーメン再び

先日、北大路ビブレのQBヘアカットへ行った際、食料品コーナーにてアベックラーメンを発見!
c0009516_5345943.jpg

なかなか京都では見つけられないので即購入!
c0009516_5363314.jpg

早速翌朝にネギ・玉子・メンマ・ザーサイ・生ハムを乗せて食べた。
c0009516_5382139.jpg

そして、その翌日は変化を楽しむべく、味噌とバターを加えて豚バラ・玉子・ネギ・メンマ・ザーサイで食べましたわ。

アベックラーメンは昆布ベースの京料理みたいに、いろんなアレンジを受け入れてくれるのが嬉しいです♪
[PR]
# by manun | 2015-05-12 05:42 | たべもの

吉野家の牛丼!

おっと、今日もうたた寝をしてしまい午前一時半くらいに目覚めてしまった。
「ん〜、腹減ったな!」と思い、気がつくとこんなものが目の前にw
c0009516_2183484.jpg

「おぉっ、これは吉野家の牛丼と生卵と味噌汁のセットやんけ!夢の様なことだ!」
そうだ!夢なのだ。夢なら何でもアリなのだ!

私が初めて吉野家の牛丼を食べたのは今から30年前以上昔の頃。
大阪日本橋の電気屋街にて1杯500円近くした高級な食べ物だったと記憶している。
今ではプアーな食品扱いされているが、時折食べたくなる大切な一品だ!
が、私が吉野家へ向かうのは牛丼目的ではない。
恐らく大陸産であろうと思われる危険そうな「紅ショウガ」を摂取する為なのだ。
危険でもイイのだ。月に一回も食べないから、そのときは大量に紅ショウガを食べるのだ!
ホントは普通の玉子かけご飯に市販の紅ショウガでもイイのだが、牛丼の具が乗っている方が美味しいから、ついついチョイスしてしまうのだ!

で、紅ショウガを乗せると、こんな感じに!
c0009516_2252439.jpg

紅ショウガを均一に敷きならべ、七味を掛け溶き卵をかける。食べながら紅ショウガを追加するっ!

これがねっ、至福の時なんですよ。

「クセになる味」を売ってる店はズルイよね♪
[PR]
# by manun | 2015-04-24 02:36 | たべもの

ナゼナンダロウ?

「ナゼナンダロウ? ドウシテナンダロウ? アルトキ ワタシハ マンインデンシャ ノ ナカデ マエヲ サワラレマシタ。 ナゼナンダロウ? ドウシテナンダロウ?」(by十代の頃のタモリ外国人ネタ。ヨルタモリ。ブラタモリ大好き!)

今日も夕方からアテを作って飲み始めたのですが、不覚にも九時前くらいに眠ってしまい、十一時前に起きてしまいました。

ナゼナンダロウ?
「ん。腹減った。」と思ったらこんなものを食してました(笑)
c0009516_0373249.jpg

ドウシテナンダロウ?
今日は、なんかコクが薄かったかも。(先日の二条城の方が美味かったかも?)
ま、ええけどな。

さて、今から二十日〆の請求書発行作業にでもかかるかな(^^)/♪
[PR]
# by manun | 2015-04-21 00:45

ちくわマヨネーズパン粉焼き

チワワに響きがにているちくわ。
ワサビ醤油や磯辺揚げ、おでんの具もイイけど、もっと簡単にアテにならへんかなぁとクックパッドで探してたら見っけ!

・竹輪を半分に切る。(キッチンばさみがよいね!)
・溝にマヨネーズを塗る(多い目がよいね!)
・パン粉をふる(天かすも試してみた!)
・トースターで焼く(ホイルをしいて焦げ目がつくまで!)
以上!
c0009516_1758870.jpg

マヨネーズの油で揚げるみたいな感じですわ。
サクサクっとした食感とマヨの風味がよろしおす!
天かすよりもパン粉が合いますな!
[PR]
# by manun | 2015-04-17 18:00 | たべもの

もっちりやわらか絹厚あげ

最近、よく買います。
カラパッケージはこんな感じ。
c0009516_2214075.jpg

オーブントースターに入れて5分ほど熱し、その間に鰹節を削り、ふりかけて生姜醤油をたらして完成!の簡単さと美味しさにハマってます。
が、それに飽きてくると、おでん風に大根といっしょに炊いたりします。

が、それに飽きてくると‥。
ん〜っ、なんかネタないかなぁ?
あっ!カレーうどんに入ってる揚げって美味しいやんっ!と、カレーうどん風に仕上げました。
c0009516_2264585.jpg

カツオと昆布で出汁をとって薄口醤油と酒と塩で味つけして、厚揚げと玉ねぎと豚バラを入れて味がしみるまで煮込み、カレー粉(ギャバンとインデアン混合)を入れて片栗粉でトロミをつけて半熟塩玉子を入れて完成!
付け合わせは美味しい胡麻を使ったホウレン草のおひたし。
うっ、写真映りが悪いな!
ま、ええか!
[PR]
# by manun | 2015-04-15 22:11 | たべもの

エースコックのワンタン麺・再び!

2006年11月頃に「カレーラーメンを作るならエースコックのワンタン麺!」なる記事を投稿して9年近くになるのねん。

エースコックのワンタン麺はシャンタンの様な淡い味つけであるがゆえに「醤油を入れたら醤油ラーメン!」・「味噌を入れたら味噌ラーメン」・「カレー粉を入れたらカレーラーメン」へと素直に変化してくれる有り難い、いわば万能ラーメンだと思う。特定の味が強くついていないから結構便利だわ!

バンドの先輩が「俺はワンタン麺が一番好きで、醤油とお酢を回し入れて食べるのが最高!」と言っていたので試してみたら確かに美味しかった。
恐らくあの淡い味つけが「八宝菜」や「皿うどん」に似ているので酢や醤油を混ぜると相性が良いのであろう。
が、酢や醤油を入れてしまうと元の味が完全に消えてしまうのが残念だ。

なので私は最初はそのまま食べて、途中から小鉢を用意し、その中に酢と醤油とスープを少々投入し、そこへつけ麺の様に麺を絡めて食べるのが好きだ!
c0009516_23322678.jpg

(画像はシンプルにネギとザーサイ入り)
次回は皿うどんの様にカラシを入れて試してみようと思う!
[PR]
# by manun | 2015-04-12 23:35 | たべもの

美味しい納豆オムレツ

ま、普通は居酒屋のメニューに「納豆オムレツ」と「明太子チーズオムレツ」があったとしたら、私は迷い無く明太子チーズをオーダーするだろう。

以前、洒落たオバちゃんと居酒屋に行った時、「水菜とお揚げのたいたんを注文してもエエか?」と聞いたら、こう言われてた。

「えーっ、そんな、普通に家で作れるメニューをオーダーしたくないっ!」

あ、ごもっともやなと思った。
納豆オムレツは普通に家で作れて普通の味という概念があったのかもしれない。
が、その概念を覆すクソ美味い納豆オムレツを提供する居酒屋が四条烏丸下がる東側にあった。
それは美味しくコネコネした納豆をふわふわの卵で包み、酸味のきいたトロトロの和風餡をかけて更にマヨネーズがトッピングされているというものだった。

冷蔵庫の中に「賞味期限は明日っ!」な納豆パックが二つほどある場合、私は下記メニューの制作を実行する。

●美味しい納豆オムレツ
・納豆2パックに附属のタレとからしを入れ、刻みネギと鰹節を追加し、コネコネする。(更に梅干しや大葉の刻んだもの、しば漬けの刻んだんを入れてもGOOD!)
・卵3個にめんつゆを少し入れて解きほぐす。
・フライパンに胡麻油を入れて熱し、卵を焼く。
・卵がエエ半熟加減になったら納豆を投入してクルリと巻く。
・皿に盛りつけポン酢をふりかけ、マヨネーズをトッピングする。(時間がある場合はめんつゆとポン酢を合わせた和風餡を作る場合もある)
・美味しく食す!
c0009516_7384938.jpg

オススメだよんっ♪
[PR]
# by manun | 2015-04-10 07:40 | たべもの